bibibi-make!

気になる出来事、日常のふとした疑問をピックアップ!

PRODUCE48 アイドル

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ポジション評価結果は?

更新日:

プロデュース48の看板


produce48(プロデュース48)7話動画と順位について紹介します。ポジション評価の結果が数組6話で見ることができましたが、7話では練習生全ての順位の結果も分かり、ベネフィットを獲得する練習生も明らかになるようです。produce48(プロデュース48)7話動画と順位、ポジション評価の結果について紹介します。

スポンサーリンク

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ポジション評価後半戦!

「produce48(プロデュース48)」6話ではポジション評価のグループメンバーが決める過程と、現場評価が数組行われました。

そして1回目の順位発表式で発表された順位はリセットされてからのスタートで、再び投票が開始されることになります。

 

7月27日放送の「produce48」7話は残り6組のポジション評価が放送されます。

そして7話予告によると、ボーカル&ラップ、ダンスの総合1位の発表もされるようです。

1位の名前が一部公開されていましたが、1位となりベネフィットを獲得する練習生は誰なのか今からとても気になります。

 

ベネフィットは各グループの中での順位1位の練習生に5000票、ボーカル&ラップ、ダンスで総合1位となった練習生には10万票のベネフィットが加算されます。

そしてポジション評価の結果と国民プロデューサーのオンライン投票の合計によって、2回目の順位発表式の順位が決まり、生存と脱落メンバーが決まることとなります。

6話で生存ラインの発表がありましたが、30位までの練習生がコンセプト評価のステージに立つことができます。

「produce48も残り半分となりましたが評価も残り少なくなってきました。

あっという間ですね...。
7話で放送されるポジション評価のグループの曲を紹介します。

 

「produce48」8話予告によると2回目の順位発表式が行われ生存と脱落者が決まるようです。

そして3次競演となるコンセプト評価のチーム分けメンバーも発表されるようです。
↓クリックはこちら↓
produce48(プロデュース48)8話動画と順位発表式の結果!脱落者と生存メンバーは?

 

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ポジション評価後半戦のグループの曲!

produce48(プロデュース48)ポジション評価!ボーカル&ラップの曲!

ポジジョン評価のボーカルグループの課題曲です。オレンジ色が7話で放送されるグループです。

SNSD(少女時代)「 into the new world」
BTS 「the truth untold」
blackpink 「du du du du」
wanna one 「energetic」
heize 「don’t know you」
BoA 「Merry-Chri」

黒文字は「プデュ48」6話で放送されました。

6話で放送されたグループのパフォーマンスはこちらで記事にしています。
↓クリックはこちら↓
produce48(プロデュース48)6話動画と順位!ポジション評価の結果は?

 

produce48(プロデュース48)ポジション評価!ダンスの曲!

ポジジョン評価のダンスで使用される5曲です。

Fitz and the Tantrums「HandClap」
Little Mix 「Touch」
Jax Jones「Instruction」
Ariana Grande「Side to Side」
Demi Lovato 「sorry not sorry」

 

続いて「プデュ48」7話で放送される、ポジション評価残り6組のグループの結果と順位を紹介します。

スポンサーリンク

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ポジション評価結果は?SNSD(少女時代)「 into the new world」

「produce48(プロデュース48)」ボーカル&ラップポジション評価で課題曲が、SNSD(少女時代)「Into The New World」のメンバーと順位を紹介します。

 後藤萌咲 4位
 矢吹奈子 3位
 キムチェウォン 1位
 ホユンジン 2位
 千葉恵里 5位

ステージに登場すると「世界に溺れた「エリス」です!」と、5人であいさつ。

矢吹奈子さんはステージの上で韓国語の質問に韓国語で答えていて、トレーナー陣も感心するほど韓国語が上手になっています。

 

クォンウンビさんがリーダーをしているのを見て責任が重くて重要であると感じていたが、リーダーシップを養ったみたくて勇気を出してリーダーに立候補したのはキムチェウォンさん。

高音が得意な矢吹奈子さんと、まだ自分のボーカルをステージで見せれていないホユンジンさんの2人がセンターに立候補。

メインボーカルパートを歌ってセンターを決めることになります。

そして多数決の結果、矢吹奈子さんに決定します。


しかし順位が下がってきているのでこれが最後の機会になるかもしれないため、ステージで自分の声を聞かせたい気持ちが強く、もう一度歌ってセンターになれるかどうか再挑戦したいと、メンバーに聞いていみるホユンジンさん。

しかし歌う前に矢吹奈子さんはセンターをホユンジンさんに譲ります。

涙を流しながらホユンジンさんは「ごめんなさい。ここまでしたくなかったのに...」と矢吹奈子さんに謝りますが、矢吹奈子さんは笑顔でセンターのシール?をホユンジンさんに渡します。

 

ボーカルレッスンでは千葉恵里さんが歌が短いと指摘され、手を使って歌をのばすように指導されます。

後藤萌咲さんは顎が動いていて音が途切れていると指摘。

キムチェウォンさんは歌に感情がなくロボットみたいだとソユ先生に言われてしまいます。

 

しかしリハーサルでは練習した成果を出し、キムチェウォンさんは「声が綺麗」「上達した」「感情が伝わってきた」と先生たちに褒められます。

千葉恵里さんも良くなったと笑顔で褒められていました。

 

5人のステージを控え室の練習生たちも笑顔で拍手をして賞賛していました。

イカウンさんはキリンのポーズを作ってにっこり笑顔を見せていました。

 

矢吹奈子さんは3位という結果に満足はしていませんでしたが、客観的に舞台を見たら妥当な結果なのかもしれないという感じでした。

キムチェウォンさんはまさかの1位で驚いていました。

 

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ポジション評価結果は?BTS「the truth untold」

「produce48(プロデュース48)」ボーカル&ラップポジション評価で課題曲が、BTS(防弾少年団)「The Truth Untold」のメンバーと順位を紹介します。

 竹内美宥 4位
 宮崎美穂 1位
 チャンギュリ 2位
 岩立沙穂 3位

センターはやりたいものの前回の「ピカブー」メインボーカルで音を外してしまった失敗が頭を過ぎってしまうチャンギュリさん。

また任されて失敗したら舞台がダメになるからという恐れがあるようです。

 

バラードをするため歌が上手な人がセンターを務めるべきだということで、3人はチャンギュリさんをセンターに推薦しますがチャンギュリさんは断ります。

なのでサビを歌って誰がセンターになるのか決めることになります。

その結果歌が良かったチャンギュリさんがセンターとなります。

 

しかし歌のレッスンでは「ボーカルが不安定」だとソユ先生に言われて歌えない状態となると、「気持ちは分かるけど無理なら他の人にセンターを譲りなさい」とチーター先生に言われてしまいます。

それで「センターを変えたほうが良い」と、メンバーに申し出ますが、「The Truth Untold」のセンターはチャンギュリさんが良いと、皆でサポートをするからこのままのチャンギュリさんのセンターを勧めます。

皆で助け合い、足りない部分を補いながらメンバーの結束力は高まり、パフォーマンスも良いものになっていきました。

喉の管理もしっかりして万全の態勢でステージに立ち、チャンギュリさんは歌を披露しました。

スポンサーリンク

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ポジション評価結果は?blackpink「DDU-DU DDU-DU」

「produce48(プロデュース48)」ボーカル&ラップポジション評価で課題曲が、BLACKPINK「DDU-DU DDU-DU」のメンバーと順位を紹介します。

 宮脇咲良 3位
 高橋朱里 2位
 チョガヒョン 6位
 キムドア 1位
 パクソヨン 4位
 村川緋杏 5位

6人のグループ名は「ハートクラッシュ」。

ダンスが上手で全体を引っ張ってくれる力があると、パクソヨンさんが推薦でリーダーに決まります。

センターは「DDU-DU DDU-DU」のサビのポイントとなる部分を歌ってみて多数決で決めることとなり、ラップ担当のキムドアさんに決まります。

曲をどういう風にアレンジしていくか色々考えていると、まず曲の振り付けからしていくことになります。

ボーカルポジションなのにダンスで魅せることにも集中しているため、やることが多くてたいへんなグループに。

そのため振り付けが多いことと、ボーカルにもっと集中することを指摘されます。

ボーカルのグループなのにダンスのグループと誤解されてしまうかもしれないと、レッスンで言われてしまいます。

 

リハーサルでは先生たちに「ヤバイ」「今何をしているのか分からない。ダンスがしたいのか?歌がしたいのか?まとまっていない」「スタンドマイクをなぜ使っているのかも分からない。中途半端だよ。めちゃくちゃ」

また本番前日なのにリーダーのパクソヨンさんが曲の歌詞を覚えていないことも注意されてしまいます。

不安要素が多い中、村川緋杏さんだけは韓国語をよく頑張っていると褒められます。

宮脇咲良さんはガールクラッシュなチーター先生をお手本に、自分もチーター先生だと言い聞かせてステージに上がっていました。

 

パフォーマンス後、宮脇咲良さんとキムドアさんは舞台気質だと、そしてキムドアさんは良かった、似合っていたというトレーナーからの評価がありました。

スポンサーリンク

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ポジション評価結果は?Fitz and the Tantrums「HandClap」

「produce48(プロデュース48)」ダンスポジション評価で課題曲が、Fitz and the Tantrums「HandClap」のメンバーと結果を紹介します。

 村瀬紗英 1位
 小嶋真子 3位
 本村碧唯 6位
 キムミンソ 4位
 キムチョヨン 2位
 武藤十夢 5位

最初は日本人メンバーだけが集まっていましたが、そこにダンスが上手なキムチョヨンさんが来てくれてホッとしたといいます。

リーダーは皆の推薦でキムチョヨンさんがすることとなります。

センター候補は2人。

放送を見たとき何もできていなかったことと、大好きなダンスだったことから挑戦してみたい本村碧唯さんと、タンバルモリでラップを担当してあまり出番がなかったことから立候補したキムミンソさん。

ダンスのフリースタイルバトルでセンターを決めることとなりその結果、多数決で本村碧唯さんがセンターに抜擢されます。

 

日本語を使って積極的に会話をしてくるキムチョヨンさん。

「ダンスを作ったことがありますか?」と皆に尋ねます。

少しだけ作ったことのある本村碧唯さんと、たくさん振り付け創作経験のあるキムチョヨンさんで「HandClap」の振り付けを考えていくこととなります。

キムチョヨンさんは女性らしいセクシーな振り付けを考えているようですが、本村碧唯さんは明るくて元気、楽しい振り付けにしたいようです。

「HandClap」の振り付けコンセプトはどうなるのか?

 

出来上がった振り付けをダンスレッスンで見てもらうも「ありきたりのダンス」「最初のスタート部分が弱い」「ポイントがないためつまんない」と言われてしまいます。

本村碧唯さんとキムチョヨンさんの振り付けの意見が合わないため中々まとまりませんが、「リーダーは押す時は思い切り押すこと。それで皆がついて来られる」と、キムチョヨンさんは先生からアドバイスを受けます。

 

その後はコミュニケーションを取るようになり意見を出し合い、いい舞台になるように本番前日の夜中の3時前まで練習をして力を合わせました。

周りの練習生たちからも一番不安だといわれていたグループですが、リハーサルでは「振り付けが前より良くなった」「見応えがあった」と褒められていました。

 

パフォーマンス後の最後のアピールタイムの一言で「踊るたぬきの真子はどうですか?」と小嶋真子さん。

「本当に今日はとても幸せでした。皆さん私のものになる?(ネッコハレ?)」と現場の国プの心を掴んだセリフを言ったのは韓国で人気のある村瀬紗英さん。

練習生の控え室からは「紗英ちゃんのものになる~」という練習生の声が聞こえてきました。

村瀬紗英さんのプロフィールはこちらをクリック
↓ ↓ ↓
村瀬紗英のプロフィール

スポンサーリンク

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ポジション評価結果は?Little Mix「Touch」

「produce48(プロデュース48)」ダンスポジション評価で課題曲が、Little Mix「Touch」のグループメンバーと結果を紹介します。

 キムミンジュ 1位
 本田仁美 2位
 ペウニョン 4位
 イユジョン 5位
 下尾みう 3位

リーダーはペウニョンさん、センターは下尾みうさんが務めます。

日本語ができるし信頼もあるため、他の練習生からの推薦でペウニョンさんがリーダーを務めることとなります。

センターは4人やりたいということで、曲のイメージを伝える表現をすることで決めることとなり、その結果多数決で下尾みうさんに決まります。

振り付け未経験者の練習生が集まったグループで、振り付けができる練習生がいないため、リーダーのペウニョンさんを中心に振り付けを考えていきます。

セクシーな曲ですが集まったメンバーは若い子たちばかりで、セクシーなダンスをやらせてもいいのか?ペウニョンさんは迷いを見せていました。

 

ペウニョンさんは一人で徹夜をして振り付けを考えるもトレーナーからダメ出しを受けます。

「もっとシンプルに考えたほうがいいと思う」とアドバイスを受けてスッキリしたというペウニョンさんは、メンバーで力を合わせて少しずつ振り付けを完成させていきます。

 

下尾みうさんのプロフィールはこちらをクリック!
↓ ↓ ↓
下尾みうのプロフィール

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ポジション評価結果は?Jax Jones「Instruction」

「produce48(プロデュース48)」ダンスポジション評価で課題曲が、ジャックス・ジョーンズ「Instruction」のグループメンバーと結果を紹介します。

 キムヒョナ 2位
 中西智代梨 3位
 イハウン 6位
 ソンウンチェ 1位
 キムスユン 4位
 ワンクォ 5位

順位が下位の練習生が集まったグループ6ベンジャーズ。

はみ出した練習生で結成されたグループですが、中西智代梨さんが明るく楽しくコミュニケーションしているため、笑顔が耐えない明るいグループです。

「Instruction」の振り付けにはオンエア当時に話題となった、オンソンウさんのリップシンク振り付けを中西智代梨さんが取り入れレッスン室が沸きます。

レッスン当初から悪い点はなく順調なグループで、ステージでも1人1人が印象に残るチームワークがあるパフォーマンスを見せました。

スポンサーリンク

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ポジション評価結果1位ベネフィット獲得は?

「produce48(プロデュース48)」ポジション評価で練習生のパフォーマンスが全て終わると、ポジション評価の結果として練習生の順位が発表されます。

グループバトル評価では難しい高音パートを軽やかに歌ってみせた矢吹奈子さんが1位となりましたが、ポジション評価で1位に輝いた練習生は誰なのか?発表されます。

 

ポジション評価では各ポジション1位の練習生にはベネフィットが10万票が加算されますので、順位を上げるための大きな力となります。

 

 

「ボーカル&ラップ」ポジションで1位となった練習生はハンチョウォンさん。

「into the new world」、「energetic」、「don’t know you」、「the truth untold」、「du du du du」、「Merry-Chri」の順番に練習生が徐々に増えていって、ランキングが変わっていく発表のやり方でした。

そのため1位も最後まで分からず、最後に発表された「Merry-Chri」で1位だったパクへユンさんと、ハンチョウォンさんが1位争いをすることとなりました。

 

「ダンス」で1位になった練習生は村瀬紗英さんです。

最後の順位発表が「HandClap」のグループだったため、白間美瑠さんと村瀬紗英さんどちらが1位か?一騎打ちとなりましたが、8票差で村瀬紗英さんがダンスポジション1位となり、5000票と10万票のベネフィットを獲得しました。

ダンスポジションは「sorry not sorry」、「Instruction」、「Side to Side」、「Touch」、「HandClap」の順番で練習生の順位が発表されました。

練習生が飲んでいるカロバイはこちらからチェックすることができます!
↓クリックはこちら↓

カロバイプラス

 

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ポジション評価ボーカル&ラップ、ダンスの順位

ボーカル&ラップの順位

1位 ハンチョウォン 105585票

2位 宮崎美穂 5559票

3位 キムチェウォン 5550票

4位 パクへユン 5543票

5位 チョユリ 5511票

6位 キムドア 5488票

7位 ホユンジン 537票

8位 矢吹奈子 511票

9位 ユミニョン 499票

10位 高橋朱里 432票

11位 カンヘウォン 400票

12位 宮脇咲良 384票

13位 ナゴウン 382票

14位 キムシヒョン 376票

15位 パクミンジュ 360票

16位 山田野絵 356票

17位 パクソヨン 352票

18位 村川緋杏 311票

19位 チャンギュリ 298票

20位 岩立沙穂 294票

21位 後藤萌咲 293票

22位 竹内美宥 289票

23位 千葉恵里 287票

24位 浅井七海 273票

25位 チョガヒョン 176票

26位 ユンヘソル

 

ダンスの順位

1位 村瀬紗英 105477票

2位 白間美瑠 5469票

3位 クォンウンビ 5450票

4位 ソンウンチェ 5438票

5位 キムミンジュ 5423票

6位 チャンウォニョン 446票

6位 キムチョヨン 446票

8位 小嶋真子 442票

9位 イカウン 411票

10位 アンユジン 403票

11位 イチェヨン 397票

12位 本田仁美 395票

13位 ワンイロン 391票

14位 キムミンソ 387票

15位 キムヒョナ 382票

16位 下尾みう 369票

17位 チェイェナ 364票

18位 中西智代梨 358票

18位 イシアン 358票

20位 コユジン 337票

21位 キムスユン 335票

22位 ペウニョン 329票

23位 ワンクオ 313票

23位 武藤十夢 313票

25位 本村碧唯 312票

26位 イユジョン 304票

27位 イハウン 287票

 

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ランキング!

「produce48(プロデュース48)」6話では練習生全員の順位は発表されず、1位候補と10位のホユンジンさん、11位の本田仁美さん、12位のワンイロンさん、30位のパクヘユンさんの順位だけが発表されました。

 

7話はポジション評価の結果もありますし、どのような順位が発表されるか謎です。

7話で一番新しい練習生の順位、ランキングが発表されましたら紹介します。

今回はポジション評価のボーカル&ラップの全体順位と、ダンスの全体順位が発表されただけでした。

ポジション評価の次はコンセプト評価が始まります。
↓クリックはこちら↓
produce48(プロデュース48)コンセプト評価!曲とチーム分けとメンバーは?

 

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ランキング!まとめ

produce48(プロデュース48)7話動画と順位!ポジション評価結果は?についてまとめました。

「produce48」7話では今まで注目されていなかった練習生にスポットライトが当たり、また練習生の魅力が伝わる放送となりそうです。

ポジション評価でダンスナンバー1、ボーカル&ラップで1位に輝く練習生は誰なのか?注目です。

スポンサーリンク

■次の記事も読まれています
↓こちらをクリック↓
produce48の日本放送の視聴方法!日本でも見る方法とは?

プロデュース48とは何?メンバー一覧が気になる!

produce48デビューメンバーが決まるまでの流れ!

twiceの解散説は2022年!チェヨンとツウィの脱退はデマ本当?

イニエスタの嫁のインスタは?馴れ初めや年齢などを調査!

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

-PRODUCE48, アイドル

Copyright© bibibi-make! , 2018 All Rights Reserved.