bibibi-make!

気になる出来事、日常のふとした疑問をピックアップ!

PRODUCE48 アイドル

produce48(プロデュース48)3話動画とグループ評価は?順位も発表!

更新日:

プロデュース48の看板


produce48(プロデュース48)3話動画とグループ評価、順位について紹介します。produce48(プロデュース48)3話ではグループバトル評価の様子が放送されるようで、その動画や順位なども合わせてチェックしたいと思います。

スポンサーリンク

目次

produce48(プロデュース48)3話はグループ評価!

「produce48(プロデュース48)」3話が6月29日(金)23時から放送されました

前回の2話は練習生のレベルテストを行い、韓国のトレーナーが練習生を評価しクラスが分けられました。

そしてタイトル曲の「ネッコヤ-PICK ME-」の韓国語と日本語の歌詞とダンスを覚えて、再びクラス分けをする再評価が行われました。

produce48(プロデュース48)2話動画と順位!宮脇咲良と松井珠理奈の評価は?

 

前回の「produce48」2話終了間際に、「ネッコヤ-PICK ME-」のパフォーマンスで再評価されたクラスの結果が一部判明しました。

宮脇咲良さんとイ・カウンさんは再評価の結果、クラスの変動はなくそのままA評価をキープすることができました。

 

「produce48」3話では2話の続きで練習生の再評価の結果の発表と、練習生が6人グループを作って、与えられた課題曲でパフォーマンスバトルを行う、グループバトル評価が行われる予定です。

練習生のグループと課題曲については既に発表されていますが、それがやっと「produce48」EP3で見ることができます。

どんなパフォーマンスが行われ、どのような結果となってしまうのかとても楽しみです。

 

まず練習生のクラスを再評価して再度クラス分けをします。

評価がAの練習生は14人。

一番下のFクラスだった矢吹奈子さんは映像評価で良い評価を受け、一気にAクラスまで這い上がってきました。

先生からは「Fで真珠を見つけたわ。」と言われていましたが、この先ステージで輝く姿を見せることとなります。

 

そしてこの14人の中からネッコヤのセンターを決めます。

センターとしてステージに立つことができるのはただ1人。

センターの権利があるのはAクラスの14人のみで、14人でネッコヤのセンターを争います。

「produce101」シーズン1、シーズン2でタイトル曲お披露目のセンターに選ばれた、チェ・ユジョンとイ・デフィは最後まで残ることができて、デビューを叶えることができました。

そのためここで選ばれたセンターはデビューすることができるジンクスがあるため、練習生もセンターを勝ち取るためより意欲的になります。

 

センターを選ぶためにAクラスの練習生は1分間のネッコヤ創作ダンスを披露し、誰がセンターにふさわしいのか、B~Fの練習生が投票で決めていきます。

その結果センターに選ばれたのはなんとカウンさんと宮脇咲良さん。

2人は全く同じ得票数だったのです。

そのため2人のうちどちらかを選ぶため再度B~Fの練習生の多数決を取ります。

そしてネッコヤのセンターに選ばれたのが宮脇咲良さんでした。

 

カウンさんと宮脇咲良さんは抱き合い涙を流し、お互いの健闘を讃え合いました。

そしてカウンさんは泣いている宮脇咲良さんの背中をトントンしながら、日本語で「泣かないで。センターにぴったりだよ。できるよ。」と笑顔で祝福していました。

スポンサーリンク

produce48(プロデュース48)3話後の順位&ランキング!

「produce48(プロデュース48)」3話終了後に発表される練習生の最新順位のランキングを紹介します。

1位 イカウン、2位 アンユジン、3位 宮脇咲良、4位 チャンウォニョン、5位 クォンウンビ、6位 後藤萌咲、7位 チェイェナ、8位 竹内美宥、9位 ワンイロン、10位 イチェヨン、11位 山田野絵、12位 松井珠理奈

13位 白間美瑠、14位 チャンギュリ、15位 宮崎美穂、16位 矢吹奈子、17位 キムシヒョン、18位 チョユリ、19位 キムミンジュ、20位 高橋朱里、21位 ホユンジン、22位 本田仁美、23位 千葉恵里、24位 岩立沙穂

25位 小嶋真子、26位 コユジン、27位 イシアン、28位 ナゴウン、29位 村川緋杏、30位 キムチェオン、31位 キムドア、32位 武藤十夢、33位 イハウン、34位 ペウニョン、35位 パクソヨン、36位 本村碧唯

37位 キムチョヨン、38位 チョガヒョン、39位 下尾みう、40位 中西智代梨、41位 カンへウォン、42位  浅井七海、43位 パクヘユン、44位 ワンクー、45位 村瀬紗英、46位 ユミニョン、47位 キムミンソ、48位 キムソヒ

49位 イユジョン、50位 中野郁海、51位 ファンソヨン、52位 松岡菜摘、53位 ソンウンチェ、54位 キムスユン、55位 茂木忍、56位 ユンヘソル、57位 チェヨンス、58位 キムナヨン、59位 佐藤美波、60位 パクミンジ

61位 パクジニ、62位 シンスヒョン、63位 長谷川玲奈、64位 キムヒョナ、65位 ユンウンビン、66位 荒巻美咲、67位 今田美奈、68位 イスンション、69位 小田えりな、70位 キムダヨン、71位 パクチャンジュ、72位 田中美久

73位 加藤夕夏、74位 チョヨンイン、75位 カンダミン、76位  永野芹佳、77位 篠崎彩奈、78位 キムダヘ、79位 パクジウン、80位 ホンイェジ、81位 栗原紗英、82位 内木志、83位 浅井裕華、84位 アンイェウオン

85位 アレックスクリスティーン、86位 チョアヨン、87位 市川愛美、88位 ハンチョウォン、89位 チェソウン、90位 ウォンソヨン、91位 チョサラン、92位 イチェジョン、93位 キムユビン、94位 梅山恋和、95位 植村梓、96位 月足天音

produce48(プロデュース48)評価 一覧(再評価後)

「produce48」3話で放送された再評価後の練習生のクラスです。

日本の練習生は矢吹奈子さん、高橋朱里さん、本田仁美さんがAクラスにランクアップしました。

評価がFだった後藤萌咲さんはCクラスに昇格。

「CはチャンスのC!」ととてもポジティブに良い風に捉えていました。

韓国の練習生のチョ・ユリさんは練習したのに本番で実力を発揮することができず、AからFに評価が一気に下がってしまいました。

番組では丸眼鏡が似合いとってもかわいかったですが、またこれから頑張ってほしいですね。

ナ・ゴウンさん、イ・カウンさん、イ・チェヨンさん、イ・ハウンさん、ファン・ソヨンさん、宮脇咲良さんの6人が評価Aをキープすることができました。

3日間という短い期間でネッコヤの日本語、韓国語の歌詞を覚え、ダンスも猛特訓して、評価が決まるという舞台で、ベストなパフォーマンスができた練習生が、評価Aをもらうことができたようですね。

produce48(プロデュース48)評価 一覧(再評価前)

自分たちで曲を選び、トレーナーの前でパフォーマンスし評価された、最初の練習生のクラスを紹介します。

「produce48」EP2で発表された練習生の評価を紹介します。

 

時系列がバラバラになってますがこちらは「produce48」が始まる前に出ていた、練習生のパフォーマンス評価です。

プロデュース48(PRODUCE48)最初の評価とクラス分けは?

 

produce48(プロデュース48)Aクラス

イ・カウン(プレディス)
イ・チョエン(WM)
イ・ハウン(MNH)
キム・ダヘ(バナカル)
キム・ドア(FENT)
キム・チョヨン(Ateam)
クォン・ウォンビ(ウリム)
チェ・イェナ(ウィエファ)
チョ・ユリ(ストーンミュージック)
ナ・コウン(RBW)
パク・ヘウン(FNC)
ファン・ソヨン(ウェルメイド)
ユ・ミニョン(HOW)
竹内美宥(AKB48)
宮脇咲良(HKT48)

produce48(プロデュース48)Bクラス

アン・ユジン(スターシップ)
ジョ・ガヒョン(スターシップ)
チャン・ウォニョン(スターシップ)
イ・スンヒョン(WM)
チョ・ヨンイン(WM)
キム・チョヨン(ウリム)
キム・シヒョン(ウィエファ)
ワン・イロン(ウィエファ)
ユン・ヘソル(ミュージワークス)
チェ・ソウン(ミュージワークス)
チャン・ギュリ(ミュージワークス)
ワン・クオ(HOW)
チョ・サラン(ミリオンマーケット)
キム・ユビン(CNC)
キム・ダヨン(CNC)
ユン・ウンビン(CNC)
ホン・イェジ(CNC)
パク・ミンジ(MND17)
キム・ヒョナ(コラージュカンパニー)
カン・ダミン(ウェルメイドイェダン)
アレックス・クリスティーン(ZB LABEL)
岩立沙穂(AKB48)
高橋朱里(AKB48)
松井珠理奈(SKE48)
白間美瑠(NMB48)

produce48(プロデュース48)Cクラス

チョ・アヨン(FNC)
ホ・ユンジュ(プレディス)
キム・スユン(ウリム)
キム・ソヒ(ウリム)
パク・ジニ(個人練習生)
パク・ソヨン(個人練習生)
パク・ジウン(RBW)
キム・ナヨン(バナナカル)
ウォン・ソヨン(MMO)
ペ・ウニョン(ストーンミュージック)
イ・シアン(ストーンミュージック)
コ・ユジン(ブロックベリークリエイティブ)
キム・ミンソ(HOW)
ソン・ウンジェ(ミリオンマーケット)
イ・ユジョン(CNC)
パク・チャンジュ(MND17)
イ・チェヨン(MND17)
小田えりな(AKB48)
小嶋真子(AKB48)
本田仁美(AKB48)
加藤夕夏(NMB48)
山田野絵(NGT48)

produce48(プロデュース48)Dクラス

ハン・ジョウォン(CUBE)
シン・スヒョン(FAVE)
チョ・ヨンス(YGK+)
キム・ミンジュ(アーバンワークス)
宮崎美穂(AKB48)
武藤十夢(AKB48)
中西智代梨(AKB48)
中野郁海(AKB48)
下尾みう(AKB48)
佐藤美波(AKB48)
村瀬紗英(NMB48)
内木志(NMB48)
今田美奈(HKT48)
本村碧唯(HKT48)
長谷川玲奈(NGT48)

produce48(プロデュース48)Fクラス

カン・へウォン(8D)
アン・イェウォン(YGK+)
篠崎彩奈(AKB48)
茂木忍(AKB48)
市川愛美(AKB48)
浅井七海(AKB48)
後藤萌咲(AKB48)
永野芹佳(AKB48)
千葉恵里(AKB48)
浅井裕華(SKE48)
栗原紗英(HKT48)
松岡菜摘(HKT48)
村川緋杏(HKT48)
矢吹奈子(HKT48)
荒巻美咲(HKT48)

スポンサーリンク

produce48(プロデュース48)3話!グループバトル評価に向けたチーム編成!

映像評価の次に練習生に待ち受けているのはグループバトル評価です。

練習生の生存と脱落を決める新しい挑戦の場がグループバトル評価です。

練習生は16組のグループに分かれて、2つのグループが競い合うこととなります。

曲は全部で8曲あり(韓国語の曲が5曲、日本語の曲が3曲)、同じ曲を選択したグループ同士がパフォーマンスで競い合うこととなります。

勝利したグループには1000票のベネフィットが与えられます。

 

そしてこのグループバトル評価は国民プロデューサーに直接評価されることとなります。

ここで決まる順位が59位以降の練習生は脱落が決定し、58位以内に残ることができれば生存することができます。

つまり半分近くの練習生がここで番組から去ることとなるため、大事な評価となります。

 

グループバトル評価に向けてのグループ作り方ですが、今回も「produce48」シーズン2同様に、1位の人がまず一緒にグループを組みたいメンバー決めます。

そしてランダムにくじを引いて、抽選で次の人を決めます。

その名前が出た人が同じように自分のグループメンバー決めます。

この繰り返してグループを作っていきます。

 

続いて曲ですが、8曲の中から希望する曲を決めたら、その曲を獲得するために練習生16人がかけっこして、早いもの勝ちで決めていきます。

旗立ては8つで、曲の旗を立てることができた8人が希望の曲を獲得することができます。

そして曲名を選ぶことができたグループが、自分たちとバトルする相手グループを指名して、対戦相手を決めることができます。

自分の武器となるスキルが発揮できる曲かどうかも運命の分かれ道となりそうです。

 

そしてそれぞれのグループで話し合いをして誰がセンターやリーダー、メインボーカルをするのか?パート分けをして練習をしていきます。

 

produce48(プロデュース48)3話動画とグループ評価と結果!Red Velvetの「Peek-A-Boo」

Red Velvetの「Peek-A-Boo」(ピカブー)を課題曲としたグループを紹介します。

練習生の名前の横にある順位は「produce48(プロデュース48)」2話終了後の順位と3話終了後の順位です。


「produce48」3話の時点ではグループバトル評価は行われませんでした。

ちらちら映像は流れたのですが、来週までのお楽しみのようです。

 

1組目は

  • 松井珠理奈(B) 12位→12位
  • イ・カウン(A) 1位→1位
  • アレックス・クリスティーン(C) 86位→85位
  • ワン・イーロン(C) 7位→9位
  • チャン・ギュリ(F) 14位→14位
  • ペ・ウンヨン(B) 30位→34位

少しでも目だってアピールするためにもセンターになりたいと主張する練習生も多いよう。

このグループでセンター候補に名乗りをあげたのがワン・イーロンさんとチャン・ギュリさん。

センターに相応しい自信のある所を見せてということで2人はパフォーマンス対決をします。

そして多数決によって3票入ったワン・イーロンさんが務めることになります。

リーダーはぺ・ウンヨンさんで、メインボーカルはチャン・ギュリさんでピカブーのパフォーマンスに挑むようです。

プロデュース48(PRODUCE48)でピカブー!松井珠理奈とカウンの動画は?

 

 

2組目は

  • 加藤夕夏(C) 73位→73位
  • ホン・イェジ(F) 76位→80位
  • 下尾みう(D) 45位→39位
  • イ・ユジョン(C) 48位→49位
  • キム・ユビン(D) 93位→93位
  • キム・ダヘ(C) 89位→78位
スポンサーリンク

produce48(プロデュース48)3話動画とグループ評価と結果!GFRIEND 「Love Whisper」

1組目は

「produce48」3話で最後までパフォーマンスをして評価を受けたのはこのグループだけでした。

  • 武藤十夢(D) 28位→32位
  • 永野芹佳(F) 81位→76位
  • 市川愛美(C) 83位→87位
  • 山田野絵(F) 9位→11位
  • ワン・クォ(D) 33位→44位
  • ソン・ウンチェ(B) 85位→53位

グループバトル評価の結果、ワン・クォ28、武藤十夢52、永野芹佳22、市川愛美38、山田野絵106、ソン・ウンチェ88。

 

指名を受けてGFRIEND の「Love Whisper」をすることとなったグループ。

メインボーカルにぴったりの子がいなかったため、メインボーカルになった市川愛美さん。

しかし練習で声が上手く出ず、先生に「メインボーカルになぜなったんですか?」と厳しい声をかけられます。

そしてメインボーカルをチェンジすることとなり、ワン・クォさんが務めることになります。

遠回りすることとなりましたが練習を頑張り、なんとかやりきってまとめることができました。

この日も山田野絵さんは陽気で笑顔で、場を明るくしていました。

 

2組目は

 

  • 矢吹奈子(A) 27位→16位
  • 荒巻美咲(F) 61位→66位
  • キム・ナヨン(A) 63位→58位
  • ユン・ウンビン(B) 68位→65位
  • カン・ダミン(A) 74位→75位
  • 栗原紗英(D) 84位→81位

矢吹奈子330、ユン・ウンビン42、キム・ナヨン32、荒巻美咲30、栗原紗英18、カン・ダミン36。

334対488、この票数からグループバトル評価で勝利したのは2組目でした。

矢吹奈子さんの安定したきれいな高音の響きがとても良くてトレーナーの先生方も大絶賛していました。

A評価を受けた時も、スッキリして軽く踊っているのがいいねと褒められていましたが、小さい体で軽やかに踊り、きれいな声で高音を歌い上げました。

矢吹奈子さんだけでものすごい票を獲得することができ、大逆転でグループを勝利に導きました。

このグループは矢吹奈子さんの指名で、小柄でかわいいアベンジャーズチームを結成しました。

矢吹奈子さん率いるジャイアントベイビーチーム、かわいかったです。

produce48(プロデュース48)3話とグループ評価と結果!KARA 「マンマミーア!」

KARAの「マンマミーア!」日本語版を課題曲にしたグループです。

1組目は

  • 村瀬紗英(C)43位→45位
  • 中西智代梨(C)37位→40位
  • パク・ミンジ(B) 56位→60位
  • パク・ジウン(F) 70位→79位
  • キム・ヒョナ(B) 72位→64位

美人で優しく、高身長のキム・ヒョナさんがセンターに。

 

2組目は

  • 宮崎美穂(D)16位→15位
  • チョ・サラン(F) 90位→91位
  • 村川緋杏(F)31位→29位
  • チェ・ソウン(C) 92位→89位
  • 篠崎彩奈(F)87位→77位
  • シン・スヒョン(F) 57位→62位

「とにかく死ぬ気でやるしかない」とリーダーの宮崎美穂さん。

絶対に負けたくないです!と気合は十分です。

produce48(プロデュース48)3話とグループ評価と結果!AOA 「SHORT HAIR」

AOA「SHORT HAIR/단발머리(おかっぱ頭)」の課題曲としたグループです。

1組目は

  • チョ・ユリ 19位
  • 小嶋真子(B)23位
  • 高橋朱里(A)29位
  • キム・シヒョン(A)13位
  • ユ・ミニョン 32位
  • キム・ミンソ 39位

高橋朱里さんはグループメンバーの推されてセンターに抜擢されます。

みんながサポートしてくれてとても雰囲気がいいグループです。

 

2組目は

  • イ・シアン 18位
  • 長谷川玲奈(F)54位
  • アン・イェウォン 88位
  • 松岡菜摘(D)55位
  • 今田美奈(C・D)64位

日本人がセンターに積極的に立候補するものの、一度どんな感じなのかやってみようとなるとじゃんけんで決めようという提案が。

「センターは表情が大事なのでじゃんけんで決めちゃだめだと思います。」とイ・シアンさんの言葉があり、結果今田美奈さんが務めることとなったようです。

スポンサーリンク

produce48(プロデュース48)3話とグループ評価と結果!TWICE 「Like Ooh-Ahh」

TWICE の「Like Ooh-Ahh」(日本語版)を課題曲としたグループです。

1組目は

  • ファン・ソヨン 46位
  • キム・チェウォン 21位
  • イ・スンヒョン 60位
  • 後藤萌咲(D)8位
  • キム・ドア 25位
  • パク・ヘユン 35位

日本人唯一のグループのメンバーになってしまった後藤萌咲さん。

思い切ってセンターに立候補してみるものの、多数決でイ・スンヒョンさんがセンターに選ばれます。

また韓国は日本と違って骨盤をダンスでよく使うため、上手くできない後藤萌咲さんに皆がダンスを教えてあげていました。

 

2組目は

  • パク・ソヨン(D)26位
  • イ・ハウン(A)58位
  • パク・ジニ 49位
  • チョ・ガヒョン 36位
  • 内木志(D)82位
  • チェ・ヨンス 52位

グループメンバーがセンターにもリーダーにも相応しいということで、両方務めることとなったのがパク・ソヨンさん。

しかしイ・ハウンさんの評価はAということもあってか、パク・ソヨンさんに代わって他の練習生を引っ張っていく姿が多いようです。

そのためグループ内に不穏な空気が流れているようです。

見えないプライドがぶつかっていて、他の練習生はストレスだという声もあがっています。

produce48(プロデュース48)3話とグループ評価と結果!BLACKPINK 「BOOMBAYAH」

BLACKPINK の「BOOMBAYAH」を課題曲としたグループです。

1組目は

  • キム・ソヒ 44位
  • ワン・ソヨン 77位
  • パク・チャンジュ 69位
  • コ・ユジン(A)34位
  • イ・チェジョン 94位

イケイケゴーゴーなグループでノリのいい練習生がそろったグループという印象。

「BOOMBAYAH」を絶対すると決めて、選んだメンバーとのことで思い描いた通りのグループが作れたようです。

そして勝つために対戦グループを選んでいました。

 

2組目は

  • ハン・チョウォン(B) 79位
  • 千葉恵里(F)38位
  • 浅井七海(D)41位
  • 佐藤美波(F)66位
  • カン・ヘウォン 40位
  • 浅井裕華(F)80位

まさかの「BOOMBAYAH」をすることになって意気消沈する練習生たち。

ボーカルパートに比べてラップパートが多い特徴のある曲なので、経験なくてもラップポジションは必須。

とても落ち込んでいましたが、ハン・チョウォンさんがリーダーとセンターを兼任して、何とか頑張っていこうとしていました。

 

produce48(プロデュース48)3話とグループ評価と結果!AKB48 「ハイテンション」

AKB48 の「ハイテンション」を課題曲としたグループです。

1組目は

  • 中野郁海(A・B)53位
  • キム・ダヨン 65位
  • 岩立沙穂(D)24位
  • ユン・ヘソル 50位
  • 茂木忍(D)59位
  • チョ・ヨンイン 62位

センターになってみたい気持ちがある岩楯沙穂さん。

皆の前で歌と踊りをしてみた結果センターに決定します。

 

2組は

  • 竹内美宥(B)11位
  • 小田えりな(F)67位
  • ホ・ユンジン 15位
  • キム・スユン 51位
  • チョ・アヨン 78位

「ハイテンション」は日本の歌のため韓国の練習生がすると新鮮で良いよね、ということでホ・ユンジンさんこと、キリンちゃんがセンターに決まります。

 

produce48(プロデュース48)3話動画とグループ評価と結果!I.O.I 「너무 너무 너무(ノムノムノム)」

I.O.I の「Very Very Very/너무 너무 너무(ノムノムノム)」を課題曲としたグループです。

1組目が

  • 本田仁美(A)47位
  • アン・ユジン(A)2位
  • チャン・ウォンヨン 4位
  • チェ・イェナ 6位
  • 白間美瑠(D)22位
  • ナ・ゴウン(A)20位

チャン・ウォンヨンさんとアン・ユジンさんがセンターに名乗りでますが、一度パフォーマンスをしてみて、その結果チャン・ウォンヨンさんが選ばれます。

 

2組目が

  • クォン・ウンビ 3位
  • 本村碧唯(A・B)42位
  • キム・ミンジュ(C)17位
  • キム・チョヨン 75位
  • 宮脇咲良(A)5位
  • イ・チェヨン 10位

ちらちらパフォーマンスの映像が流れてたのですが来週のお楽しみのようです。

こちらのセンターは宮脇咲良さんとキム・ミンジュさんが立候補しましたが、多数決でキム・ミンジュさんが選ばれます。

センターを決める際、本村碧唯さんは宮脇咲良さんを選ばなかったのですが、自分の意見をきちんと通すようで好印象でした。

 

そして次週、宮脇咲良さんが先生にすごく怒られているのですが、その時「なんであなたがセンターなの?」と問い詰められていますが、センターをキム・ミンジュさんと交代したのでしょうか?

[関連記事]

プロデュース48(PRODUCE48)でノムノムノム!宮脇咲良と白間美瑠の動画は?

スポンサーリンク

produce48(プロデュース48)3話動画とグループ評価と結果!現場投票?

「produce48(プロデュース48)」3話は5月24日にファンを招いて行われた現場評価が放送されます。

直接ファンの前で練習生がグループになって、与えられた課題曲のパフォーマンスをするグループバトル評価が行われます。

 

同じ課題曲をするグループが2組ずつあり、それぞれどっちのパフォーマンスの方が良かったのか、それを現場のファンが投票で判断します。

 

現場評価のファンによる投票は、1バトルに1回投票ができたようで、バトルに勝ったグループには一定の票数がプレゼントされることになります。

勝利したグループには1000票のベネフィットが与えられます。

そのため練習生の順位の変動に与える影響が大きくなります。

 

produce48(プロデュース48)ネッコヤ個人別動画いいねランキング!

6月28日に「ネッコヤ-PICK ME-」の練習着姿バージョンでのパフォーマンスの、個人別動画、推しカメラが公開されています。

翌日、練習生のネッコヤ個人別動画のいいね数の多い順にしてみました。

1位 宮脇咲良、2位 松井珠理奈、3位 イ・カウン、4位 ジャン・ウォンヨン、5位 イ・チェヨン、6位 千葉恵里 、7位 後藤萌咲、8位 アン・ユジン、9位 竹内美宥、10位 本田仁美、11位 山田野絵、12位 矢吹奈子、13位 グォンウンビ、14位 村川緋杏、15位 高橋朱里

 

気になったのが宮脇咲良さんの動画が一度公開されたのに、何故か削除されてしまったことです。

再生数も伸びていたのに、急に消えて再びアップされたのが今公開されている動画です。

それでもぶっちぎりの再生数で、現在約73万回以上も再生されており、いいねは4.3万以上になっていて、注目されていることがよく分かります。

 

produce48(プロデュース48)3話動画とグループ評価は?順位も発表!まとめ

produce48(プロデュース48)3話動画とグループ評価は?順位も発表!についてまとめました。

produce48(プロデュース48)3話ではグループバトル評価が行われるということで、これから練習生の本格的な競争が始まってきます。

熱いバトルが繰り広げられるのは必須で、練習生の本気のパフォーマンスに見る側もとてもわくわく、楽しみです。

グループバトル評価を制するグループはどこなのか?練習生の熱い戦いを期待しています。

スポンサーリンク

[関連記事]
宮脇咲良と松井珠理奈の10年桜の説教動画!仲が悪いの?

矢吹奈子の顔変わったって?韓国のproduce48(プロデュース48)で評価ランクアップ!

千葉雄大の父は千葉真一か?医師や母についても調査!

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

-PRODUCE48, アイドル

Copyright© bibibi-make! , 2018 All Rights Reserved.