bibibi-make!

気になる出来事、日常のふとした疑問をピックアップ!

日プ

プロデュース101JAPAN(プデュ日本)ポジションバトル評価の順位結果!曲やチームメンバーは?

更新日:

スポンサーリンク

プロデュース101JAPAN(プデュ日本)ポジションバトル評価の順位結果!曲やチームメンバーは?ということでプロデュース101JAPAN(プデュ日本)の第1次現場評価についてチェックします。

101人の中から11人の練習生だけがデビューすることができるサバイバルオーディション番組プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)。

最初の現場評価の収録が行われましたが、それがポジションバトル評価になります。

 

練習生同士でチーム(グループ)を作って初めて国民プロデューサーたちの前に立ち、パフォーマンスを披露することになりました。

練習生たちの本格的な評価が始まりましたが、ポジションバトル評価の課題曲やチーム(グループ)メンバーや結果が気になりますね。

こちらではプロデュース101JAPAN(プデュ日本)の最初の現場評価である、ポジションバトル評価の順位や結果や、曲やチーム(グループ)メンバーについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


目次

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価とは?

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)で最初に行われる現場評価がポジションバトル評価になります。

98人の練習生がそれぞれチーム(グループ)に分かれて、与えられた課題曲を国民プロデューサーの前で披露することになります。

 

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)の公式サイトで第1次現場評価の収録の募集がありましが、その様子がプロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)の3話~4話にかけて放送されることになります。

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)で最初に行われた現場評価は日本ならではのルールや、課題曲が用意されていましたので、どんなステージになったのか、その全貌が明らかになります。

 

ポジションバトル評価のことが少し映し出されたプロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)3話の予告動画はこちらになります。

まず一番に驚いたのはプロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)で最初に行われたのがポジション評価であったことです。

韓国のPRODUCE101シリーズでは2番目に行われる評価がポジション評価だったので、それがプロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)では最初に行われることになります。

グループバトル評価とポジション評価の要素を伴ったものがプロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)のポジションバトル評価のようですね。

 

ポジションバトル評価はボーカル、ラップ、ダンスの3つのポジションの中から1つを選んで、1つのポジションに集中してパフォーマンスを行う評価になります。

なので自分の得意なポジションを選ぶことができたら、有利な評価になると思います。

 

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)は初心者や経験の少ない練習生が多く、できるポジションが偏っていたために、もしかしたら一番にポジションバトル評価をすることになったのかもしれませんね。

クラス分け評価を見ていると、歌はできるがダンスができないとか、それぞれ得意な分野はあるものの全てはまだできないという練習生が目立っていたような感じがしました。

 

そのためどの練習生も自分の得意なポジションで勝負することができる、ポジションバトル評価を一番最初にすることになったのかもしれませんね。

そしてプロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)で歌、ダンスのレッスンを受けて、他のポジションにも慣れてから、歌とダンスを全てをこなさなければいけない評価が待ち受けているのかもしれません。

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)最初の評価はポジションバトル評価!

 

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価のチーム(グループ)の決め方や順位は?

ただポジションバトル評価のチーム(グループ)メンバーの決め方がどのように行われたのかが気になりますね。

最初に自分の得意なポジションを選ぶことができる練習生、残っている不得意なポジションをやらなければいけない練習生と分かれてきますので、後者だと最初からたいへんな思いをする練習生が出てきそうですね。

 

ポジションバトル評価で一番に自分の好きなポジションを選ぶことができるのは、プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)のタイトル曲「ツカメ」のセンターを務めた川尻蓮くんであることが予想されます。

そして川尻蓮くんがチーム(グループ)メンバーを一番に選ぶことで、アベンジャーズチームが誕生することになりそうですね。

川尻蓮くんのチーム(グループ)はアベンジャーズチームとして注目していいと思います。

 

※追記です

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価の練習生の課題曲の決め方ですが、まずはAクラスの練習生1位の練習生から順番に好きな課題曲を選ぶことができました。

 

プデュ日本Aクラス練習生の順位と課題曲

順位 練習生の名前 選んだ課題曲
1位 川尻蓮 HIGHLIGHT(ダンス)
2位 宮島優心 HIGHLIGHT(ダンス)
3位 豆原一成 DNA(ダンス)
4位 林龍太 Wherever You are(ボーカル)
5位 キムヒチョン DNA(ダンス)
6位 キムユンドン DNA(ダンス)
7位 鶴房汐恩 DNA(ダンス)
8位 川西拓実 DNA(ダンス)
9位 佐藤景湖 DNA(ダンス)
10位 木全翔也 HIGHLIGHT(ダンス)

 

次の曲を選ぶことができる練習生はBクラスの練習生ではなく、岡村さんが選んだボールに書かれている名前の練習生が順番に課題曲を選んでいくことになります。

岡野海斗(D)→中林登生(D)→大水陸渡(F)→寺師敬(F)→小山省吾(B)→佐々木真生(B)→中西直樹(C)→東郷良樹(D)→古屋亮人(D)→上原潤(B)...と順番に運によって練習生は選ばれていきました。

 

課題曲はDNA→HIGHLIGHT→Wherever You are→WILD WILD WILD→over the topとダンスポジションから先に埋まることになります。

そしてlemonが定員オーバーとなり、残ってしまった12人の練習生は強制的にタマシイレボリューションをすることになりました。

難しい曲だからこそ、ここでばっちりとアピールすることができれば、ベネフィット獲得のチャンスは大だと思います。

 

そして各課題曲を1番最初に選んだ練習生にチームメンバーを決められる権利があり、1つの課題曲から2つのチーム(グループ)が作られていきました。

続いてプロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価のルールやベネフィット、生存ラインについて見ていきます。

スポンサーリンク

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価のルールやベネフィットや生存ラインは?

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価はどのようなルールがあるのでしょうか。

ポジションバトル評価はボーカル、ダンス、ラップの3つのポジションに分かれて、それぞれの課題曲のパフォーマンスをステージで披露することになります。

そしてそれを会場に招かれた国民プロデューサーが実際に見て、現場で投票することになります。

 

ポジションバトル評価が最初の評価として行われますが、グループ評価の要素もあるため、同じ課題曲を2つのチーム(グループ)で競い合うことになります。

なので現場の約500人の国民プロデューサーは同じ課題曲をする2つのチーム(グループ)のパフォーマンスを見た後に、チームと練習生1人に投票することになります。

 

そして同じ課題曲をするチーム(グループ)の練習生たちはステージを終えた後に、個人での得票数と順位が発表されることになります。

ポジションバトル評価のベネフィットと生存ラインはこちらになります。

 

■ベネフィット

  • 勝利したチームのメンバー全員に1,000票のベネフィットが加算される
  • 曲で1位になった練習生には3,000票のベネフィットが加算される
  • ボーカル、ラップ、ダンス各ポジションで1位の練習生に10,000票のベネフィットが加算される

 

■生存ライン

ポジションバトル評価で61位以降の練習生が脱落することになります。

 

続いてプロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)のポジションバトル評価の課題曲についてチェックしました。

スポンサーリンク

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価の課題曲は?

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)の最初の評価である、ポジションバトル評価の課題曲はこちらの9曲になります。

 

■プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)グループ評価の課題曲一覧

アーティスト名 ポジション
BTS DNA ダンス
EXILE THE SECOND WILD WILD WILD ダンス
Hey! Say! JUMP over the top ダンス
SEVENTEEN HIGHLIGHT ダンス
backnumber ハッピーバースデー ボーカル
Superfly タマシイレボリューション ボーカル
米津玄師 lemon ボーカル
ONE OK ROCK Wherever You are ボーカル
オリジナル曲(ラップ) ラップ

課題曲は9曲用意され、98人の練習生は18組のチームを結成することになります。

プロデュース101JAPAN(プデュ日本)3話ではDNA、WILD WILD WILD、Wherever You areの6組のパフォーマンスが放送されました。

 

次の記事も読まれています

続いてプロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価の、18組のチームメンバーと結果についてチェックしました。

スポンサーリンク

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価順位結果は?BTS/DNA(ダンス)

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)のポジションバトル評価でBTSのDNAを課題曲としたチームメンバーはこちらになります。

ポジションバトル評価の順位や結果などについては詳細が分かり次第追記していきます。

またポジションバトル評価の動画や画像なども随時アップしていきます。(公式から動画が投稿されましたらそちらをアップします。)

 

次の記事も読まれています

 

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価の練習生の推しカメラ動画(チッケム)や、第1回順位発表式の結果(ランキング)についてはこちらでまとめていますので合わせてご覧下さいませ。

↓ ↓ ↓

プロデュース101JAPAN(プデュ日本)第1回順位発表式結果ランキング!

 

■BTS/DNA 1組

順位 練習生の名前 得票数
3位 キムユンドン(A)センター 95票
4位 川西拓実(A) 93票
4位 キムヒチョン(A)リーダー 76票
5位 豆原一成(A) 68票
7位 東郷良樹(D) 47票
12位 小山省吾(B) 12票

豆原一成くんがメンバーを選んだチームで、ダンスができる練習生が集まった実力のあるチームです。

ダンス歴14年の東郷良樹くんが中心に振り付けやフォーメーションを作っています。

 

最初は東郷良樹くんがリーダーを務めていましたが練習時間に約1時間半遅れてきたことから、リーダーは任せられないとキムヒチョンくんがリーダーを務めることになります。

韓国人メンバーは韓国に全てを置いてきてプロデュース101(JAPAN)に参加しているといい、 かなり本気で評価に取り組んでいることが伝わってきます。

 

川西拓実くんはダンス経験がないことから表情で魅せるように工夫をし、素晴らしい表情管理をステージの上では披露していました。

BTSのDNA1組はダンスの完成度は高かったと思います。

 

■BTS/DNA 2組

順位 練習生の名前 得票数
1位 佐藤景湖(A) 141票
2位 鶴房汐恩(A)センター 114票
8位 五十畑颯斗(D)リーダー 43票
9位 佐々木真生(B) 36票
10位 内田脩斗(D) 26票
11位 渡邊公貴(D) 23票

チーム名はGPS。

BTSのDNA1組がダンスが上手な練習生が多く、モチベーションも下がってなかなかスムーズに進まないGPS。

しかしメンバー同士で話し合いを重ね、徐々に雰囲気も良くなりチームがまとまっていきます。

チームメンバーが自身を持つようになると表情も良くなって、ステージの上での構成に、パフォーマンスもまとまっていて良かったと思います。

 

■DNA投票結果

グループ 得票数
1組 270票
2組 119票
スポンサーリンク

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価順位結果は?EXILE THE SECOND/WILD WILD WILD(ダンス)

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)のポジションバトル評価でEXILE THE SECONDのWILD WILD WILDを課題曲としたチームメンバーはこちらになります。

 

■EXILE THE SECOND/WILD WILD WILD 1組

順位 練習生の名前 得票数
3位 大澤駿弥(B) 103票
5位 北川暉(D) 70票
6位 井上港人(B) 61票
8位 田中雄也(D)センター 56票
9位 池本正義(C)リーダー 50票
10位 山田恭(C) 40票

構成と振り付けは池本正義くんと田中雄也くんが中心となって作っています。

センターは田中雄也くんに決まっていたのですが、どうしてもセンターをしたい井上港人くんがセンターをかけて対決を挑むことになり、話し合いの結果そのまま田中雄也くんに決まります。

 

田中雄也くんはGENERATIONSなどのバックダンサーを務めていたこともありダンスが上手なんですが、パワフルでワイルドなダンスがK-POPアイドルファンに向けては弱いのかもしれませんね。

WILD WILD WILD1組のチームはダンスが素晴らしかったのですが、どこか印象に残るようなインパクトが足りなかったように思います。

 

■EXILE THE SECOND/WILD WILD WILD 2組

順位 練習生の名前 得票数
1位 今西正彦(B)センター 120票
2位 青木聖波(D) 117票
4位 安藤優(C) 78票
7位 中野龍之介(F) 58票
11位 山田聡(C) 6票
12位 渡邊大貴(C)リーダー 5票

個性的な今西正彦くんがセンターのWILD WILD WILD2組。

今西正彦くんを中心に曲の振り付けを作っています。

 

練習生個人の強みを活かした振り付けが取り入れられていて目を引くようなパフォーマンスになっていて、見ていてワクワクしました。

インパクトのあるパフォーマンスで、お客さんも楽しめるステージだったのではないでしょうか。

WILD WILD WILD2組チームメンバー全員が目に入る、素晴らしいステージだったと思います。

練習生のダンスもキレがあって良かったですね。

WILD WILD WILD2組は雰囲気もチームワームも良かったと思います。

 

■WILD WILD WILD投票結果

グループ 得票数
1組 70票
2組 321票
スポンサーリンク

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価順位結果は?Hey! Say! JUMP/over the top(ダンス)

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)のポジションバトル評価でHey! Say! JUMPのover the topを課題曲としたチームメンバーはこちらになります。

 

■Hey! Say! JUMP/over the top 1組

順位 練習生の名前 得票数
2位 チョンヨンフン(C)センター 139票
3位 北川玲叶(F) 66票
5位 小松倖真(D) 56票
6位 中谷日向(D) 53票
7位 井汲大翔(D) 36票
10位 大川澪哉(B)リーダー 20票

 

■Hey! Say! JUMP/over the top 2組

順位 練習生の名前 得票数
1位 本田康祐(B)リーダー 230票
4位 白岩瑠姫(B)センター 59票
8位 草地稜之(F) 33票
8位 黒川竜聖(F) 33票
11位 熊澤歩哉(F) 16票
12位 西尾航暉(F) 7票

 

■over the top 投票結果

グループ 得票数
1組 143票
2組 244票

 

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価順位結果は?SEVENTEEN/HIGHLIGHT(ダンス)

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)のポジションバトル評価でSEVENTEENのHIGHLIGHTを課題曲としたチームメンバーはこちらになります。

 

■SEVENTEEN/HIGHLIGHT 1組

順位 練習生の名前 得票数
2位 川尻蓮(A)リーダー&センター 138票
4位 木全翔也(A) 89票
5位 宮島優心(A) 69票
6位 大平祥生(B) 56票
9位 中林登生(D) 18票
12位 中里空(B) 9票

 

SEVENTEEN/HIGHLIGHT 2組

順位 練習生の名前 得票数
1位 福地正(C) 178票
3位 古屋亮人(D) 92票
7位 佐野文哉(B)センター 55票
8位 田口馨也(D) 30票
10位 駒尺雄樹(D)リーダー 15票
11位 西涼太郎(D) 10票

 

■HIGHLIGHT投票結果

グループ 得票数
1組 317票
2組 72票

 

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価順位結果は?ONE OK ROCK/Wherever You are(ボーカル)

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)のポジションバトル評価でONE OK ROCKのWherever You areを課題曲としたチームメンバーはこちらになります。

 

■ONE OK ROCK/Wherever You are 1組

順位 練習生の名前 得票数
1位 男澤直樹(B) 224票
5位 河野純喜 (B) 54票
6位 林龍太(A)センター 44票
7位 イミンヒョク(D)リーダー 42票
10位 中西直樹(C) 16票

レベル分け評価テストでボーカルの評価が良かった練習生が集まったチームで林龍太くんがメンバーを選びました。

林龍太くんが喉の調子が良くなくてチームでまとまって歌を歌うことができなかったようで、河野純喜くんは不安で一人で練習している姿がありました。

それでもチームの歌声は素晴らしく完成度は高かったです。

 

男澤直樹くんがWherever You areの1位になりましたが、歌唱力の高さに圧倒されましたし、素晴らしい歌声だったと思います。

ヒョクくんにつきっきりでサポートしている姿も好感が持てました。

IKKOさんのものまねも上手でしたね。

 

■ONE OK ROCK/Wherever You are 2組

順位 練習生の名前 得票数
2位 中川吟亮(F) 112票
3位 西野友也(F)センター 110票
4位 佐藤來良(B) 82票
8位 鈴木晨順(B) 39票
9位 寺師敬(F)リーダー 31票

Wherever You are2組も素敵なステージでしたが、テンポが遅かったのが気になったかもしれません。

気持ちがこもっていて歌声は素晴らしかったです。

 

■Wherever You are 投票結果

チーム 得票数
1組 310票
2組 25票
スポンサーリンク

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価順位結果は?米津玄師/lemon(ボーカル)

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)のポジションバトル評価で米津玄師のlemonを課題曲としたチームメンバーはこちらになります。

 

■米津玄師/lemon 1組

順位 練習生の名前 得票数
1位 與那城奨(B)リーダー 151票
3位 中本大賀(C) 125票
5位 大水陸渡(F) 66票
8位 秦健豪(B) 34票
10位 結城樹(D)センター 16票

 

■米津玄師/lemon 2組

順位 練習生の名前 得票数
2位 菅野雅浩(B)センター 127票
4位 長谷川怜央(F) 87票
5位 米原尚平(D) 66票
7位 片上勇士(F) 41票
9位 渡辺龍星(D)リーダー 31票

 

■lemon 投票結果

グループ 得票数
1組 301票
2組 91票

 

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価順位結果は?backnumber/ハッピーバースデー(ボーカル)

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)のポジションバトル評価でbacknumberのハッピーバースデーを課題曲としたチームメンバーはこちらになります。

 

■backnumber/ハッピーバースデー 1組

順位 練習生の名前 得票数
1位 床波志音(B)センター 217票
7位 グチェレスタケル(C) 53票
8位 北岡謙人(B) 52票
9位 木原汰一(F) 35票
10位 石井祐輝(D)リーダー 19票

 

■backnumber/ハッピーバースデー 2組

順位 練習生の名前 得票数
2位 安慶田真樹(F) 102票
3位 浦野秀太(C) 81票
4位 岩崎琉斗(F) 73票
5位 西山和貴(C)リーダー 61票
6位 磨田寛大(F) 54票

 

■ハッピーバースデー 投票結果

グループ 得票数
1組 87票
2組 301票
スポンサーリンク

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価順位結果は?Superfly/タマシイレボリューション(ボーカル)

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)のポジションバトル評価でSuperflyのタマシイレボリューションを課題曲としたチームメンバーはこちらになります。

 

■Superfly/タマシイレボリューション 1組

順位 練習生の名前 得票数
2位 安藤誠明(B)センター 92票
3位 鈴木玄(C) 88票
4位 宮里龍斗志(B)リーダー 69票
5位 佐藤隆士(C) 62票
6位 金城碧海(F) 46票
11位 アルジャマ勇心(F) 26票

 

■Superfly/タマシイレボリューション 2組

順位 練習生の名前 得票数
1位 瀧澤翼(D)リーダー 167票
7位 古賀一馬(D) 44票
7位 岡田武大(C) 44票
9位 石井健太郎(F) 38票
10位 松倉悠(F)センター 34票
12位 高野慧(D) 19票

 

■タマシイレボリューション 投票結果

グループ 得票数
1組 358票
2組 35票

 

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価順位結果は?オリジナル曲(ラップ)

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)のポジションバトル評価でラップのオリジナル曲を課題曲としたチームメンバーはこちらになります。

 

■オリジナル曲 1組

順位 練習生の名前 得票数
2位 上原潤(B)センター 175票
3位 岡野海斗(D)リーダー 84票
5位 稲吉ひかり(C) 59票
6位 中川勝就(B) 54票

 

■オリジナル曲 2組

順位 練習生の名前 得票数
1位 三井暸(D) 185票
4位 山本健太(C)センター 80票
7位 森慎二郎(F) 51票
8位 鈴木雅(F)リーダー 40票

 

■オリジナル曲 投票結果

グループ 得票数
1組 308票
2組 76票
スポンサーリンク

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価結果!順位ランキング!

こちらではプロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)ポジションバトル評価のチーム(グループ)の順位をまとめていきます。

プロデュース101JAPAN(プデュ日本・日プ)4話視聴語に詳細を追記致します。

 

ダンスポジション順位ランキング(ベネフィットあり)

順位 名前 得票数
1位 本田康祐(over the top) 14,230票
2位 今西正彦(WILD WILD WILD) 4,120票
3位 福地正(HIGHLIGHT) 3,178票
4位 佐藤景湖(DNA) 3,141票
  • 5位:川尻蓮 1,138票
  • 6位:青木聖波 1,117票
  • 7位:キムユンドン 1,095票
  • 8位:川西拓実 1,093票
  • 9位:木全翔也 1,089票
  • 10位:安藤優 1,078票
  • 11位:キムヒチョン 1,076票
  • 12位:宮島優心 1,069票
  • 13位:豆原一成 1,068票
  • 14位:白岩瑠姫 1,059票
  • 15位:中野龍之介 1,058票
  • 16位:大平祥生 1,056票
  • 17位:東郷良樹 1,047票
  • 18位:草地稜之 1,033票
  • 18位:黒川竜聖 1,033票
  • 20位:中林登生 1,018票
  • 21位:熊澤歩哉 1,016票
  • 22位:小山省吾 1,012票
  • 23位:中里空 1,009票
  • 24位:西尾航暉 1,007票
  • 25位:山田聡 1,006票
  • 26位:渡邊大貴 1,005票
  • 27位:チョンヨンフン 139票
  • 28位:鶴房汐恩 114票
  • 29位:大澤駿弥 103票
  • 30位:古屋亮人 92票
  • 31位:北川暉 70票
  • 32位:北川玲叶 66票
  • 33位:井上港人 61票
  • 34位:小松倖真 56票
  • 34位:田中雄也 56票
  • 36位:佐野文哉 55票
  • 37位:中谷日向 53票
  • 38位:池本正義 50票
  • 39位:五十畑颯斗 43票
  • 40位:山田恭 40票
  • 41位:井汲大翔 36票
  • 41位:佐々木真生 36票
  • 43位:田口馨也 30票
  • 44位:内田脩斗 26票
  • 45位:渡邊公貴 23票
  • 46位:大川澪哉 20票
  • 47位:駒尺雄樹 15票
  • 48位:西涼太郎 10票

 

ダンスポジション順位ランキング(ベネフィットなし)

  • 1位:本田康佑 230票
  • 2位:福地正 178票
  • 3位:佐藤景湖 141票
  • 4位:チョンヨンフン 139票
  • 5位:川尻蓮 138票
  • 6位:今西正彦 120票
  • 7位:青木聖波 117票
  • 8位:鶴房汐恩 114票
  • 9位:大澤駿弥 103票
  • 10位:キムユンドン 95票
  • 11位:川西拓実 93票
  • 12位:古屋亮人 92票
  • 13位:木全翔也 89票
  • 14位:安藤優 78票
  • 15位:キムヒチョン 76票
  • 16位:北川暉 70票
  • 17位:宮島優心 69票
  • 18位:豆原一成 68票
  • 19位:北川玲叶 66票
  • 20位:井上港人 61票
  • 21位:白岩瑠姫 59票
  • 22位:中野龍之介 58票
  • 23位:大平祥生 56票
  • 23位:小松倖真 56票
  • 23位:田中雄也 56票
  • 26位:佐野文哉 55票
  • 27位:中谷日向 53票
  • 28位:池本正義 50票
  • 29位:東郷良樹 47票
  • 30位:五十畑颯斗 43票
  • 31位:山田恭 40票
  • 32位:井汲大翔 36票
  • 33位:佐々木真生 36票
  • 34位:草地稜之 33票
  • 34位:黒川竜聖 33票
  • 36位:田口馨也 30票
  • 37位:内田脩斗 26票
  • 38位:渡邊公貴 23票
  • 39位:大川澪哉 20票
  • 40位:中林登生 18票
  • 41位:熊澤歩哉 16票
  • 42位:駒尺雄樹 15票
  • 43位:小山省吾 12票
  • 44位:西涼太郎 10票
  • 45位:中里空 9票
  • 46位:西尾航暉 7票
  • 47位:山田聡 6票
  • 48位:渡邊大貴 5票

 

ラップポジション順位ランキング(ベネフィットあり)

順位 名前 得票数
1位 三井暸 13,185票
2位 上原潤 1,175票
3位 岡野海斗 1,084票
  • 4位:稲吉ひかり 1,059票
  • 5位:中川勝就 1,054票
  • 6位:山本健太 80票
  • 7位:森慎二郎 51票
  • 8位:鈴木雅 40票
スポンサーリンク

ボーカルポジション順位ランキング(ベネフィットあり)

順位 名前 得票数
1位 男澤直樹(Wherever You are) 14,224票
2位 與那城奨(lemon) 4,151票
3位 床波志音(WILD WILD WILD) 3,217票
4位 瀧澤翼(タマシイレボリューション) 3,167票
  • 5位:中本大賀 1,125票
  • 6位:安慶田真樹 1,102票
  • 7位:安藤誠明 1,092票
  • 8位:鈴木玄 1,088票
  • 9位:浦野秀太 1,081票
  • 10位:岩崎琉斗 1,073票
  • 11位:宮里龍斗志 1,069票
  • 12位:大水陸渡 1,066票
  • 13位:佐藤隆士 1,062票
  • 14位:西山和貴 1,061票
  • 15位:河野純喜 1,054票
  • 15位:磨田寛大 1,054票
  • 17位:金城碧海 1,046票
  • 18位:林龍太 1,044票
  • 19位:イミンヒョク 1,042票
  • 20位:秦健豪 1,034票
  • 21位:アルジャマ勇心 1,026票
  • 22位:中西直樹 1,016票
  • 22位:結城樹 1,016票
  • 24位:菅野雅浩 127票
  • 25位:中川吟亮 112票
  • 26位:西野友也 110票
  • 27位:長谷川怜央 87票
  • 28位:佐藤來良 82票
  • 29位:米原尚平 66票
  • 30位:グチェレスタケル 53票
  • 31位:北岡謙人 52票
  • 32位:岡田武大 44票
  • 32位:古賀一馬 44票
  • 34位:片上勇士 41票
  • 35位:鈴木晨順 39票
  • 36位:石井健太郎 38票
  • 37位:木原汰一 35票
  • 38位:松倉悠 34票
  • 39位:寺師敬 31票
  • 39位:渡辺龍星 31票
  • 41位:高野慧 19票
  • 41位:石井祐輝 19票

 

ボーカルポジション順位ランキング(ベネフィットなし)

  • 1位:男澤直樹 224票
  • 2位:床波志音 217票
  • 3位:瀧澤翼 167票
  • 4位:與那城奨 151票
  • 5位:菅野雅浩 127票
  • 6位:中本大賀 125票
  • 7位:中川吟亮 112票
  • 8位:西野友也 110票
  • 9位:安慶田真樹 102票
  • 10位:安藤誠明 92票
  • 11位:鈴木玄 88票
  • 12位:長谷川怜央 87票
  • 13位:佐藤來良 82票
  • 14位:浦野秀太 81票
  • 15位:岩崎琉斗 73票
  • 16位:宮里龍斗志 69票
  • 17位:大水陸渡 66票
  • 17位:米原尚平 66票
  • 19位:佐藤隆士 62票
  • 20位:西山和貴 61票
  • 21位:河野純喜 54票
  • 21位:磨田寛大 54票
  • 23位:グチェレスタケル 53票
  • 24位:北岡謙人 52票
  • 25位:金城碧海 46票
  • 26位:林龍太 44票
  • 26位:岡田武大 44票
  • 26位:古賀一馬 44票
  • 29位:イミンヒョク 42票
  • 30位:片上勇士 41票
  • 31位:鈴木晨順 39票
  • 32位:石井健太郎 38票
  • 32位:木原汰一 38票
  • 34位:秦健豪 34票
  • 34位:松倉悠 34票
  • 36位:寺師敬 31票
  • 36位:渡辺龍星 31票
  • 38位:アルジャマ勇心 26票
  • 39位:高野慧 19票
  • 39位:石井祐輝 19票
  • 41位:中西直樹 16票
  • 41位:結城樹 16票

 

プロデュース101JAPAN(プデュ日本)ポジションバトル評価の順位結果!曲やチームメンバーは?まとめ

プロデュース101JAPAN(プデュ日本)ポジションバトル評価の順位結果!曲やチームメンバーは?についてまとめました。

プロデュース101JAPAN(プデュ日本)ポジションバトルは3話~4話にて放送されます。

ポジション評価の課題曲は9曲あり、練習生は18組のチームに分かれて評価に挑むことになります。

プロデュース101JAPAN(プデュ日本)ポジションバトル評価の結果については分かり次第追記していきます。

練習生たちが初めて評価を受けるステージですので、どのようなパフォーマンスが見られるのか楽しみですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

■次の記事も読まれています
↓クリックはこちら↓
プロデュース101 JAPAN(日プデュ)放送地域や放送日はいつ?

MAMA2019日本の出演者まとめ!チケット応募方法や値段や倍率は?

X1奴隷契約の内容とは?不買運動や解体を望む韓国のファンの声とは?

スポンサーリンク

-日プ

Copyright© bibibi-make! , 2019 All Rights Reserved.