bibibi-make!

気になる出来事、日常のふとした疑問をピックアップ!

テレビで紹介されたレシピ

お餅は太るのか?きな粉と食べることで肥満抑制になると林修の今でしょ講座で紹介!

投稿日:

白いお皿に乗ったみたらし団子と2つの串団子
スポンサーリンク

[sc0]
お餅は太るのか?きな粉と食べることで肥満抑制になると林修の今でしょ講座で紹介!ということで林修の今でしょ講座ではお餅について教えてくれました。お餅は太るイメージがありますが、きな粉と食べることで肥満抑制になると林修の今でしょ講座で紹介されました。
[sc1]

林修の今でしょ講座でお餅を特集!

お正月になるとほとんどの人が口にするお餅。

林修の今でしょ講座によると冬や正月にお餅を食べるのは医学的に正しいのだといいます。

また半信半疑ですが、お餅は太りにくい食べ物なのだとか。

太りにくい食べ物であるお餅はどうやって食べるのが医学的に良いのか?その食べ方が知りたいですよね。

 

また医学的に良いとされるお餅の組み合わせは?お餅が喉につまった時の対処法や予防法も教えてくれます。

それでは林修の今でしょ講座で紹介されたお餅について紹介します。

 

お餅は太るのか?太りにくいのか?

太るイメージがあるお餅ですが、お餅はもち米から作られているため太りにくいといいます。

お餅の肥満抑制に期待できる栄養素はパントテン酸です。

パントテン酸はさまざまな栄養素をエネルギーに変えてくれる成分で、このパントテン酸があるおかげでお餅は太りにくい食べ物になっています。

⇒訳あり!米屋の無添加お餅

 

パントテン酸は白米にも含まれていますがその含有量がお餅に比べると少なくなります。

パントテン酸の量はお餅の方が約1.5倍多いといいます。

パントテン酸には代謝機能を高め免疫力アップさせる効果にも期待することができます。

 

スポンサーリンク

お餅の食べ方!肝臓を守る食べ方とは?

お餅と大根おろしの組み合わせで肝臓を守るといいます。

大根おろしにはアミラーゼや葉酸など健康効果の高い栄養素が豊富に含まれています。

肝臓の解毒作用を高めてくれて、二日酔い解消にも効果的な栄養素がビタミンC。

 

大根のビタミンCとお餅のパントテン酸を一緒に摂ることがポイントで、パントテン酸がビタミンCの働きを助け肝機能を強化します。

さらにねぎと一緒に食べることで、ねぎに含まれるアリシンが肝臓の有害物質を排除してくれます。

 

お餅の食べ方!骨を丈夫にする食べ方とは?

お餅はチーズと一緒に食べることで丈夫な骨を作ってくれるといいます。

お餅には白米の約1.5倍のたんぱく質が含まれています。

 

さらに海苔を一緒に食べることがオススメの食べ方です。

海苔に含まれる栄養素であるビタミンKが、カルシウムとたんぱく質を使い丈夫な骨を作り出すといいます。

食べ方は磯辺焼きにチーズを挟んで食べるとOKです。

ただしカロリーがちょっと高くなるので食べすぎには注意が必要です。

 

スポンサーリンク

お餅の食べ方!腸内環境を整えて肥満抑制になる食べ方とは?

腸内環境を整えて肥満抑制になるお餅と一緒に食べたい食材はきな粉です。

お餅ときな粉の組み合わせで、血糖値上昇を抑え肥満抑制になるといいます。

 

なぜきな粉なのか?それはきな粉には食物繊維が豊富に含まれているからです。

きな粉大さじ1杯で豆腐3丁分の食物繊維が含まれているといいます。

 

きな粉は朝に食べるのがオススメです。

朝食に食物繊維が多い食品を摂ると、昼食後の血糖値の上昇も抑えるセカンドミール効果が期待することができるからです。

その効果は3時間続くといいます。

 

お餅を詰まらせたときの対処法とは?

お餅を詰まらせたときの正しい対処法は背中を叩くことです。

とにかく口の外に出します。

お茶などを飲むと気管に詰まらせる危険があるのでNGです。

 

万が一お餅が詰まってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

お餅ダイエット方法やレシピは?林修の今でしょ講座で食べ方を紹介!

お餅ダイエット方法やレシピは?林修の今でしょ講座で食べ方を紹介!についてまとめました。

[sc999]
■次の記事も読まれています
↓クリックはこちら↓
甘酒の効果的な飲み方や量は?林修の今でしょ講座で徹底解説!

高血糖にオクラ茶!作り方や効果が気になる!

5秒筋トレで内臓脂肪を減らすやり方動画は?世界一受けたい授業で紹介!

スポンサーリンク

-テレビで紹介されたレシピ

Copyright© bibibi-make! , 2019 All Rights Reserved.