bibibi-make!

気になる出来事、日常のふとした疑問をピックアップ!

テレビで紹介されたレシピ

【この差って何ですか】きのこの作り置きレシピ!えのき茸とニンニクの特製タレ・しいたけと生姜のアヒージョの作り方は?

投稿日:

英字新聞の上にあるたくさんのきのこ


[この差って何ですか]きのこの作り置きレシピ!えのき茸とニンニクの特製タレ・しいたけと生姜のアヒージョということで、手軽にきのこが食べられるきのこの作り置きレシピが紹介されました。この差って何ですかで教えてくれたきのこの作り置きレシピ、えのき茸とニンニクの特製タレ・しいたけと生姜のアヒージョの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

[この差って何ですか]きのこの作り置きレシピ!

きのこの簡単作り置きレシピを紹介します!

きのこに含まれるアルファグルカンは体の免疫細胞の働きを活性化させる効果があります。

つまり体の免疫力がアップするというのです。

 

体の免疫力アップアップ、高血圧予防、披露回復に良いとされるきのこを使った、作り置きレシピ3品を紹介します。

・マイタケとごぼうの簡単きんぴら

・しいたけと生姜のアヒージョ

・えのき茸とニンニクの特製タレ

600mlの保存容器に入る量の、きのこの作り置きレシピを紹介しています。

 

[この差って何ですか]きのこの作り置きレシピ!マイタケとごぼうの簡単きんぴらの作り方

免疫力がアップするアルファグルカンが豊富なきのこはマイタケです。

マイタケに含まれているアルファグルカンはインフルエンザの予防にも効果的だといいます。

 

この冬免疫力アップさせるために食べたいきのこがマイタケであり、ごぼうと一緒に食べるのがオススメとなります。

ごぼうに含まれるイヌリンとマイタケのアルファグルカンで、免疫細胞の働きがより活性化するのです。

 

材料

マイタケ 2パック(200g)
ごぼう 1本(150g)
醤油 大2
みりん 大2

 

作り方

①皮ごと切ったごぼうを水にさらしアクをぬきます。

 

②マイタケを手で裂きます。

手で裂くことでマイタケに味が染み込みやすくんります。

 

③アク抜きしたごぼうを中火で2分炒めます。

 

④ちぎったマイタケを加えて30秒炒めます。

 

⑤そこに水を大さじ2杯入れます。

 

⑥醤油とみりんを加えてから水を大2を加えて、汁気がなくなれば完成です。

 

ごはんのお供として食べて良し、バターで炒めることでマイタケとごぼうの和風パスタにアレンジして食べることができます。

 

[この差って何ですか]きのこの作り置きレシピ!マイタケとごぼうの簡単きんぴらの保存期間は?

マイタケとごぼうの簡単きんぴらは容器に入れて冷蔵庫に保存することで5日ほど食べることができます。

 

[この差って何ですか]干し椎茸の戻し方

しいたけと干し椎茸では干し椎茸の方がグアニル酸の量が多くなります。

高血圧予防に良いとされるグアニル酸が増える干し椎茸の戻し方は、氷水を使って戻すことです。

5℃以下の冷水で干し椎茸を戻すと良いです。

 

グアニル酸の量を考えた時、お湯で干し椎茸を戻すのはNGとなります。

10℃~50℃だとグアニル酸は分解されてしまうのでその量は減ってしまいます。

 

また干し椎茸をお湯で戻しても氷水で戻しても時間は同じであり、お湯で戻せば時短になるということはないとのことです。

スポンサーリンク

[この差って何ですか]きのこの作り置きレシピ!しいたけと生姜のアヒージョ

高血圧予防になるしいたけと生姜を使った作り置きレシピです。

生姜にはジンゲロールという成分があり、血管を広げる働きがあります。

しいたけの血管サラサラ効果と生姜の血管を広げる効果によって血圧の上昇を抑えることができるといいます。

材料

干し椎茸 10枚
生姜 30g
オリーブオイル 大8
アンチョビ 6枚
赤唐辛子 2本
にんにく 1カケ

作り方

①干し椎茸を氷水で戻したら、軸を切って4等分に切ります。

大きめに切ることで食感を残せるようにします。

 

②生姜を薄切りにして半分に切ります。

 

③ニンニクをみじん切ります。

 

④フライパンにオリーブオイルを入れたらニンニクを弱火で炒めて香り付けをします。

 

⑤カットした赤唐辛子とアンチョビを加えます。

 

⑥オリーブオイルから良い香りがしてきたらしいたけと生姜を加えます。

 

⑦弱火でじっくりと7分間ほど加熱します。

しいたけは強火で炒めると硬くなってしまいます。

 

味がしっかりついているのでそのままご飯と合わせて、焼き飯にして食べるのがオススメです。

 

[この差って何ですか]きのこの作り置きレシピ!しいたけと生姜のアヒージョの保存期間は?

しいたけと生姜のアヒージョは容器に入れて冷蔵庫に保存することで5日間ほど食べられます。

スポンサーリンク

[この差って何ですか]きのこの作り置きレシピ!えのき茸とニンニクの特製タレ

ビタミンB1が多く含まれるえのき茸を使った披露回復となる作り置きレシピ、えのき茸とニンニクの特製ダレの作り方を紹介します。

なかなか疲れがとれない方はご飯や炭水化物などの糖質と一緒にえのき茸を食べるのがオススメです。

材料

えのき茸 1株(200g)
長ネギ 50g
すりおろしニンニク 5g
砂糖 小1
ごま油 大1
醤油 大3

作り方

①えのき茸を細かく切ったら耐熱ボウルに入れます。

 

②耐熱ボウルにラップをかけたら電子レンジ、600ワットで2分間加熱します。

 

③砂糖、醤油、長ネギのみじん切り、すりおろしニンニクを加えます。

 

④そこに1分ほどフライパンで加熱したごま油を加えます。

加熱したごま油を加えることでニンニクと長ネギの香りがよりいっそう引き立つようになります。

 

[この差って何ですか]きのこの作り置きレシピ!えのき茸とニンニクの特製タレ保存期間は?

きのこの作り置きレシピ、えのき茸とニンニクの特製タレは、容器に入れて冷蔵庫に保存することで5日間食べられます。

 

[この差って何ですか]きのこの作り置きレシピ!えのき茸とニンニクの特製タレ食べ方は?

えのき茸とニンニクの特製タレは豆腐の上にのせたり、蒸し鶏餃子にかけたりと様々な料理と一緒に食べることができます。

オススメはえのき茸とニンニクの特製タレをお餅にかけて食べる食べ方です。

その時のお餅はゆでたり、電子レンジで温めたものに特製ダレをかけると美味しいみたいですよ。

お餅とタレがよく絡んで美味しいとのことです。

 

[この差って何ですか]きのこの作り置きレシピ!えのき茸とニンニクの特製しいたけ・生姜のアヒージョの作り方は?

[この差って何ですか]きのこの作り置きレシピ!えのき茸とニンニクの特製タレ・しいたけと生姜のアヒージョの作り方は?についてまとめました。

スポンサーリンク

■次の記事も読まれています。
↓クリックはこちら↓
アーモンドの蜂蜜漬けの効果・作り方は?肩こりに効くレシピを紹介!

高血糖にオクラ茶!作り方や効果が気になる!

ダウンタウンDX最強運占いランキング2019!水晶玉子による星座血液型1位は?

-テレビで紹介されたレシピ

Copyright© bibibi-make! , 2019 All Rights Reserved.