bibibi-make!

気になる出来事、日常のふとした疑問をピックアップ!

スポーツ選手

張本智和は中国人じゃんなぜ日本?両親&帰化理由は日本人で金メダルを!

投稿日:

オレンジのユニフォームの卓球の張本智和選手

張本智和選手は中国人ですが日本代表として卓球の大会に出場しています。張本智和選手の中国人である両親はなぜ日本に帰化したのか?帰化理由は張本智和選手の金メダルという夢があるからです。

スポンサーリンク

張本智和全日本卓球選手権大会を最年少優勝!

数々の最年少記録を塗り替えて注目を集める、今勢いのある14歳の卓球プレーヤー、張本智和選手。2018年1月に行われた全日本卓球選手権では、10回目の優勝がかかった水谷隼選手を4-2で破り史上最年少優勝を果たし話題となりました。張本智和選手はリオオリンピック銅メダリストの水谷隼選手に勝利したのです。

14歳ながらも世界のトップ選手の仲間入りを果たした張本智和選手の止まらない快進撃。14歳の中学生が世界のトッププレーヤーと同じ舞台で戦う姿に、世界からも注目を集めています。

 

張本智和は中国人じゃん!?なぜ日本へ?

張本智和選手の両親は中国人で、張本智和選手も中国人ということになりますが、卓球を極めるなら卓球のレベルが高い卓球大国である、中国での環境の方がベストかと思われます。

 

張本智和選手は日本へ帰化することを決意し、日本で卓球することを選びますが、なぜ張本智和選手は帰化することになったのでしょうか?そこには張本智和選手の抱く大きな夢が関係しているといわれています。張本智和選手の帰化理由について見ていきたいと思います。

張本智和の両親はなぜ中国から日本に?帰化理由

中国人である張本智和選手ですが、日本で卓球の日本代表として卓球をすることができるのは、中国国籍だった両親が帰化、日本国籍を取得した日本人だからです。(母親は中国国籍のままのようです。)2014年に申請し両親が帰化したため、張本智和選手も帰化し、日本卓球連盟に所属する選手で、日本国籍を持つ人、日本人ですので日本代表になることができます。

 

また帰化とは「国籍を有しない外国人が国籍の取得を申請して、その外国人に対して新たに国籍を認めること」とあります。

 

張本智和選手の両親が帰化し中国国籍から日本国籍にした理由は、張本智和選手自らの強い決意によるものでした。その想いを受けて張本智和選手の両親は帰化することを決断します。

 

両親共に中国で実力がある卓球の選手でしたが、張本智和選手の父親は選手を引退してコーチの道を考えていた時、日本から卓球のコーチの申し出があり1998年に来日、日本の子供たちに卓球のコーチとして指導をしていました。日本で暮らし、卓球のコーチをしている日々の中で張本智和選手が生まれます。そして張本智和選手にも卓球を教えるようになります。

 

その間に中国に戻って中国でコーチをしないか?という誘いを何度か受けたようですが、張本智和選手も大きくなり、生活の中心が日本の仙台になっていたため断ります。そのまま日本でコーチをする選択をします。

 

小学校4年生の張本智和選手はある日、両親に「日本に帰化したい」ことを伝えます。中国国籍だった張本智和選手と両親ですが、このことをきっかけに2014年に日本国籍となります。それまで両親は帰化に対する考えはなかったようです。

スポンサーリンク

張本智和選手自身は生まれも育ちも日本です。張本智和選手が両親に帰化したいという思いを伝えた理由は、生まれ育った日本の代表として世界の舞台へ立ちたい、日の丸を背負って世界と戦いたい熱い思いがあったからです。

 

実は東京オリンピックの開催が決まったのは2013年9月で、ちょうど張本智和選手が小学4年生の頃となります。日本でのオリンピック開催が決まって張本智和選手は、明確な夢を描くようになります。それは東京オリンピックの舞台で日本の代表として金メダルを取るということです。日本人として金メダルを取りたい!という夢のために張本智和選手は日本人となるために、両親に帰化をお願いすることとなりました。

 

もともと両親は自身がプロの卓球選手だった経験から、張本智和選手をプロの卓球選手にするつもりはなかったと話します。しかし張本智和選手の努力する姿と、その強い想いから、全力で張本智和選手の夢を応援することを決めます。

 

小学4年生で自分の道を決めて、自分の意思と決意を両親に語った張本智和選手。幼い頃から努力し続けてその結果を出し続けていて、今は夢の東京オリンピックを目指して頑張っています。

 

張本智和の両親の名前や国籍、中国名について

張本智和選手の両親や家族について見ていきたいと思います。

張本智和選手の父親は男子ジュニア日本代表コーチの張本宇(はりもとゆう)さん、母親は世界卓球選手権の元代表選手の張凌(ザンリン)さんです。張本選手には5歳下の妹がいますが、張本美和さんも卓球選手ということで、家族全員生粋の卓球一家です。両親は宮城県仙台市内で「張本卓球場」を経営しています。

張本智和選手の父親は2014年に帰化していますが、母親は帰化せずに中国国籍です。張本美和さんは父親と兄、張本智和選手とともに帰化しています。

妹の張本美和さんの帰化した理由は卓球日本代表選手として世界の舞台で戦うためとのことです。張本美和さんは2017年7月29日に「炎の体育会TV」に出演した際にその可愛らしい姿から第2の福原愛さんだと称されていました。

張本智和チョレイの意味は?ハリバウアーとは?

張本智和選手は試合中にポイントを取ると、ガッツポーズをしながら大きな声で「チョレイ」という言葉を発する雄たけびを上げます。その大きなリアクションに、初めてその言葉を耳にして当時は何を言っているのか?何の意味があるのか?不思議に思った方も数多くいたようで話題となりました。張本智和選手は両親が中国人ということも知れ渡っていたため、中国語?という声もありました。

 

張本智和選手の「チョレイ」という言葉の意味ですが、張本智和選手の母親によると、チョレイに特に意味は無く、幼稚園くらいから自然に叫びだした言葉であり、叫ぶことで自信が付いたのでは?と、いつの間にか張本智和選手が口にするようになった言葉で定着したみたいです。今では張本智和選手の代名詞となっていますね。

 

また張本智和選手は「チョレイ」に続いて「ハリバウアー」という言葉が話題となりましたが、「ハリバウアー」とは一体何なのか?張本智和選手の技なのでしょうか?

 

「ハリバウアー」とは張本智和選手が試合中に点を取って、喜びを爆発させた時のポーズになります。体の上半身を後ろに反るポーズとなりますが、これはITTFワールドツアーで張本智和選手が優勝した際、このポーズを見た全日本代表の倉嶋洋介監督が、フィギュアスケート荒川静香選手の「イナバウアー」の動きに似ていることから名づけたことが由来となっているとのことです。

スポンサーリンク

チョレイの大声に批判と擁護の声

張本智和選手の点を取った時に出る「チョレイ」の雄たけびを上げる姿に、一部「うるさい」「スポーツマンシップに反する行為対戦相手に失礼だ」という批判の声があります。しかし卓球経験のある人々からするとプレー中に大声を発することは、日本の卓球界全体の昔からの慣習であり、福原愛選手の「サー!」も有名ですがそれと同じで、選手それぞれ好きな言葉を掛け声として使っているとのことです。

 

現段階では卓球のルール上に問題はなく、相手からのクレームはないようです。両親のアドバイスもあり小学5年生頃から卓球の試合中に声を出すようになり、緊張の中でも実力が出せるように自分を鼓舞し、調子を上げることに役立っているようです。張本智和選手の「チョレイ」は意味のあるもので、ただのパフォーマンスではないとのことですね。中学の運動部の部活によっては声を出すことが大事でコーチから指導されることもありますよね。

 

しかし張本智和選手は成長しレベルが上がるとともに変化があったようで、合宿の練習では声を徐々に出さなくなっているようで、試合中のプレーを冷静に考えるために「チョレイー」を封印しているとのことです。今後張本智和選手の「チョレイー」を聞くことができなくなるかもしれません。どっちにしても今後も張本智和選手の「チョレイー」は取り上げられることとなりそうですね。個人的には試合をする張本智和選手のためになっているし、オンリーワンでいいと思います。

張本智和を嫌いな人が多数!?帰れとまで言われる理由は?

張本智和プロフィール&卓球経歴

■張本智和のプロフィール

名前:張本智和(はりもとともかず)
愛称:怪物、神童、100年にひとりの逸材
生年月日:2003年6月27日
国籍:日本(2014年に中国から日本に帰化)
出身地:宮城県仙台市
血液型:O型
身長:172cm
体重:61㎏
学歴: 東宮城野小学校、稲付中学校
尊敬する選手:樊振東(はんしんとう)、水谷隼
尊敬する人物:藤井聡太

 

■張本智和の卓球経歴
2005年:両親の影響で2歳から卓球をスタートします
2010年:小学一年生で全日本卓球選手権大会(バンビの部)を優勝、以後バンビ・カブ・ホープスで無敗の6連覇を達成
2015年:フランス開催の世界ジュニア選手権に男子史上最年少となる小6で代表選出(同時多発テロにより試合は中止となる)
2016年:ITTFワールドツアー・ジャパンオープン荻村杯(U-21)でU21種目の史上最年少優勝
2017年:世界卓球選手権個人戦に史上最年少代表入りを果たす
2018年:全日本卓球選手権大会(男子シングルス)史上最年少優勝

 

張本智和は中国人じゃんなぜ日本?両親&帰化理由は日本人で金メダルを!まとめ

日本に帰化し日本人として夢の東京オリンピックを目指す張本智和選手。両親に帰化を申し出てまだ4年しか立たないのに着実をその夢に向って歩み結果を出しています。

その快進撃に中国のトップ選手からも注目を集めていて、この先熱い戦いが幾つも待っているのでしょう。14歳でその舞台にいることがすごすぎますね。

夢を明確にして、それに向って行動する張本智和選手もすごいですが、それを受け入れる張本智和選手の両親も素晴らしくて、お互い尊敬し合っていて素敵な家族です。

これからも活躍が期待される張本智和選手の夢を一緒に応援していきたいと思います。これからの張本智和選手も楽しみです。

 

スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

-スポーツ選手

Copyright© bibibi-make! , 2018 All Rights Reserved.