bibibi-make!

気になる出来事、日常のふとした疑問をピックアップ!

ドラマ 音楽

モンテクリスト伯の主題歌は女性?Echo歌詞の和訳について!

更新日:

モンテクリスト伯の主題歌は女性が歌っているイメージが強いですが、実は女性が歌うのはテーマ曲です。モンテクリスト伯の主題歌はEchoで、Echoは英語歌詞なため日本語和訳も気になりますね。Echoの歌詞の和訳についてなど調べてみました。

スポンサーリンク

モンテクリスト伯の主題歌は女性は青木カレン?

ディーン・フジオカさんが連ドラ初単独主演を務める復讐劇を描いた「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」は2018年4月の木曜日22時よりスタートしたドラマです。

無実の罪で捕らわれてから海外の牢獄に送られて、ヒドイ拷問を受けた後自我を失いながら、10数年に渡る牢獄生活を送ることとなる主人公の柴門暖が、地位と莫大なお金を手に入れてモンテクリスト伯となって日本に戻り、昔自分をヒドイ目に追いやった人物に血も涙もない徹底的に復讐をしていく物語となっています。

 

ドラマ冒頭のドラマタイトルが出てくるオープニング映像で流れる、女性が歌っている曲は悲しく儚げな印象を受ける曲となっており、ドラマの内容と合うためとても耳に残る印象深い曲となっていてドラマを盛り上げています。

 

この曲を歌う女性は青木カレンさんで、ジャズシンガーをされている方です。

青木カレンさんはドラマに使用される音楽の仕事に関わっていることが多く、皆さんも知っている楽曲も結構あるのではないかと思います。

 

例えば有名なのがドラマ「昼顔」のメインテーマ曲で、この曲「Never Again」を歌っていた女性こそ青木カレンさんです。

この曲も「昼顔」のドラマにぴったりで、妖しげなドロドロ感に、大人の禁断の恋が漂う、耳に残る曲となっていて当時も話題となりました。

他にもドラマ「結婚しない」の挿入歌や、映画「ガリレオ 真夏の方程式」の劇中歌、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」の主題歌なども青木カレンさんが歌われています。

青木カレンさんは哀愁と官能を感じさせる、高さも低さもある声で素敵なヴォーカルが魅力です。

 

青木カレンさんプロフィール

名前:青木カレン
旧芸名:ウラン
出身:日本
生年月日:1月13日
職業:ジャズシンガー

青木カレンさんは幼少期から高校まで、香港やデトロイドなど海外で過ごされていたようです。

その後タイやイギリスと日本の間を行き来していたようです。

ジャズシンガー以外にも、音楽番組のメインキャストやラジオのナビゲーターを務めるなど、マルチな活動をされています。

スポンサーリンク

モンテクリスト伯の主題歌「SET A FIRE」はテーマ曲挿入歌

ドラマ「モンテクリスト伯」で曲を歌う女性は、青木カレンさんということが分かりました。

「モンテクリスト伯」の青木カレンさんが歌われる曲は「SET A FIRE」という曲で、ドラマで耳にして主題歌かなと思っていたのですが、青木カレンさんの「SET A FIRE」は主題歌ではなくメインテーマ・挿入歌となります。

 

なぜか主題歌のイメージが強い青木カレンさんの「SET A FIRE」ですが、ではモンテクリスト伯の主題歌はというと、「Echo(エコー)」という曲になります。

 

「Echo(エコー)」を歌うのは主演のディーン・フジオカさんです。

ディーンさん本人が歌っている「echo(エコー)」は音楽も歌詞もすごく切ないもので、聴けば聴くほどその魅力に取り込まれていく、「モンテクリスト伯」の世界観を表現された楽曲となっています。

 

モンテクリスト伯の主題歌?テーマ曲「SET A FIRE」の歌詞

ドラマ「モンテクリスト伯」でテーマ曲を歌う女性、青木カレンさんの曲「SET A FIRE」。

テーマ曲・挿入歌である「SET A FIRE」の歌詞について、青木カレンさんは自身のTwitterでツイートされていますので紹介します。

青木カレンさんが歌う「モンテクリスト伯」テーマ曲「SET A FIRE」は、暖の心とリンクされていて、暖の想いが込められた楽曲となっていて、切ないシーンが蘇ってきますね。

「SET A FIRE」が流れると感情が高まり、ドラマの世界に惹き込まれてしまいます。

 

日本語和訳を見ると「俺」と表記されているので、ディーンフジオカさん演じる暖の心境が描かれた楽曲となっていますね。

歌詞を見るだけでグッと心が辛くなってきます。

スポンサーリンク

モンテクリスト伯の主題歌はディーンフジオカが歌うEcho(エコー)

「モンテクリスト伯」で連ドラ初単独主演を務めるディーン・フジオカさんは、主題歌も手がけています。

主人公のディーン・フジオカ演じる暖の心情が表された曲となっていて、大きな裏切りによって幸せな人生から一転して、地獄の日々が訪れ全てを失ってしまった暖の、自身から拭い取れることのない復讐心と過去への嘆きが歌われたダークなサウンドです。

答えのない疑問に対する嘆きが、頭の中で繰り返し繰り返し反響する、エコーする、どうしようもない嘆きが歌われています。

 

ドラマでも「何故こんなことになってしまったんだろう...。昔はみんな幸せだったのに。一つ歯車が狂ってしまっただけで全てがかわってしまった。」と暖が語るシーンがあります。

まさにこの想いが表現されたのが「Echo(エコー)」です。

 

ディーン・フジオカさんが歌う「Echo(エコー)」は全編英語の歌詞で歌われており、なんとロンドンのクラブシーンでかかる最先端の音楽ジャンルである「Wave」をいち早く取り入れたものとのことです。

イギリス・ロンドンで今じわじわきているというジャンルが「Wave」で、2012年くらいから発生した期待の新しい音楽ジャンルであるようです。

ディーン・フジオカさんの楽曲の中でも、一番スロウなBPMに乗せているため、一音一音が重く響くよう表現されているようです。

 

「Echo(エコー)」の楽曲制作にあたって、耳に馴染むような曲よりも「自分の魂と重ねながらのワンアンドオンリー」精神を大事にしながら完成させたというディーン・フジオカさん。

仕事で訪れたというスイスで、宗教戦争にまつわるヨーロッパの歴史を身近に感じたことがきっかけで、「Echo(エコー)」は「絶望の嘆き」がテーマとなった曲です。

 

知っている方も多いですが、ディーンフジオカさんの「モンテクリスト伯」以外にもドラマの楽曲制作の経験があり、過去には自身が出演したドラマ「今からあなたを脅迫します」の主題歌の「Let it snow!」や、アニメ「ユーリ!!! on ICE」のオープニングテーマソング「History Maker」など有名作品の楽曲制作をされており、多才な方です。

 

モンテクリスト伯の主題歌歌詞の日本語訳(和訳)&歌詞の意味

「モンテクリスト伯」主題歌のディーン・フジオカさんが歌う「Echo(エコー)」の日本語和訳を紹介します。

またディーン・フジオカさんがヴァンパイアを演じる「Echo(エコー)」も要チェックで、最上もがさんがディーン・フジオカさんが操られて無機質なダンスを披露しています。

「Echo(エコー)」のMVでは最上もがさんが、ディーンフジオカさんに操られながら踊り狂わされているわけですが、無機質なダンスながらもとても力強くパワフルで、インパクトがある素晴らしいダンスで、かっこよくて美しい姿が見られます。

MVのヴァンパイアのディーンフジオカさんが死体を蘇らせて、散々操った後切り捨てて見下す顔や、一連の姿には複雑な感情となりました。

また様々な感情が沸き起こりその余韻が残ります。

「Echo(エコー)」のMVではお二人ともとても素晴らしい演技をされています。

スポンサーリンク

モンテクリスト伯―華麗なる復讐―とは?キャストを紹介!

ドラマ「モンテクリスト伯」に登場するキャストを紹介します。

 

柴門暖 / ディーン・フジオカ
目黒すみれ / 山本美月
守尾信一朗 / 高杉真宙
安堂完治 / 葉山奨之
入間未蘭 / 岸井ゆきの
江田愛梨 / 桜井ユキ
土屋慈 / 三浦誠己
寺角類 / 渋川清彦
神楽清 / 新井浩文
ファリア真海 / 田中泯
柴門 恵 / 風吹ジュン
守尾英一朗 / 木下ほうか
入間瑛理奈 / 山口紗弥加
入間貞吉 / 伊武雅刀
神楽留美 / 稲森いずみ
入間公平 / 高橋克典

モンテクリスト伯の主題歌のサウンドトラック!

ドラマ「モンテクリスト伯」のサウンドトラックが発売されています。

サウンドトラックには、青木カレンさんの「SET A FIRE」も収録されています。

しかも3曲も入っていて、アレンジで曲が少し変っているようですね。

「モンテクリスト伯」オリジナルサウンドトラック

 

1 SET A FIRE
2 すべてを奪われた男
3 Give it back
4 妬み
5 愛する人
6 復讐鬼
7 葬られた人生
8 私のやり方
9 地獄の底
10 純愛
11 IF I TOLD YOU THAT I LOVED YOU
12 SET A FIRE ~華麗なる復讐~
13 空白の15年間
14 謀略
15 仇敵
16 悪女
17 運命の歯車
18 制裁
19 別人
20 知力と財力
21 美しい復讐劇
22 すみれ
23 SET A FIRE ~Piano&Strings Ver.~

スポンサーリンク

ディーンフジオカさんのプロフィール

芸名:ディーン・フジオカ/Dean Fujioka

本名:藤岡竜雄

別名義:Tatsuo Dean FUJIOKA 藤岡靛

生年月日:1980年8月19日(37歳)

国籍:日本

出身地:福島県須賀川市

身長:180cm

血液型:A型

職業:モデル・俳優・シンガーソングライター・ミュージシャン・映画監督

事務所:アミューズ

高校を卒業後は海外で生活をしていたこともあり、日本語以外にも英語・中国語・広東語・インドネシア語などを話すことができるマルチリンガルである。

 

モンテクリスト伯の主題歌は女性?Echo歌詞の和訳について!まとめ

モンテクリスト伯の主題歌は女性?Echo歌詞の和訳について!まとめました。

ドラマ「モンテクリスト伯」の主題歌は女性ジャズシンガーである青木カレンさんが歌われる「SET A FIRE」と勘違いされる方が多いようですが、正しくはテーマ曲・挿入歌となります。

そしてモンテクリスト伯の主題歌は主演のディーン・フジオカさんの「Echo(エコー)」で、物語の中で復讐していく暖の心情が描かれた楽曲となっています。

どちらの曲もドラマ「モンテクリスト伯」にぴったりとリンクした曲で、心が揺さぶられる素晴らしい曲となっていて余韻が残ります。

「Echo(エコー)」はドラマでここぞというシーンに使われていて、いいタイミングでドラマで流れるので心に響き、切ない思いに襲われます。

復讐の終盤に向けて物語は盛り上がってきていて、その結末も気になりますが、主題歌・テーマ曲といった音楽も要チェックです。

スポンサーリンク

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

-ドラマ, 音楽

Copyright© bibibi-make! , 2018 All Rights Reserved.