bibibi-make!

気になる出来事、日常のふとした疑問をピックアップ!

PRODUCE48 アイドル

プロデュース48のネッコヤでリボンが違う宮脇咲良とカウン!クラス分けは?

更新日:

プロデュース48の看板

プロデュース48のネッコヤでリボンが違った宮脇咲良さんとカウンさん。ネッコヤのステージを見て宮脇咲良さんとカウンさんのリボンの違いが指摘されましたが、クラス分けによるものと注目されています。プロデュース48の2人のリボンについて調べてみました。

スポンサーリンク

プロデュース48(PRODUCE48)とは?

韓国で大人気のサバイバルオーディション番組「PRODUCE101」。今まで韓国ではシーズン1とシーズン2が放送され、それぞれ最後まで勝ち抜いた練習生による2組のアイドルグループが誕生しました。

シーズン1では 女性アイドルグループ「I.O.I」がデビュー。 シーズン2は「Wanna One」という男性アイドルグループがデビューし、韓国で爆発的人気を博しました。

「I.O.I」はすでにグループを解散してしまいましたが、「Wanna One」はまだ活動を続けている真っ最中で、韓国では2018年最も期待されるボーイズグループで1位に輝くなど、その勢いは止まらない様子です。

 

「PRODUCE101」で誕生したアイドルグループは期間限定で活動を行うことが決まっていて、

「I.O.I」は契約年数は8ヶ月

「Wanna One」は契約年数は1年6ヶ月

「PRODUCE48」は契約年数は2年6ヶ月と、今まで「PRODUCE101」から誕生するアイドルグループとしては最長の活動をすることとなります。

 

「PRODUCE48」は「PRODUCE101」のシーズン3で、韓国のMnetが秋元康さんに熱烈なオファーをしたことから生まれた企画です。

「PRODUCE101」の国民がアイドルデビューできるメンバーを決めるというシステムと、AKB48の専用劇場で毎日ライブを行うなど、会いにいけるアイドルをコンセプトとしたシステムをコラボしたのが「PRODUCE48」というオーディション番組です。

 

「PRODUCE48」参加者は韓国の練習生と日本のAKB48グループの参加メンバー合わせて全員で96名です。

全メンバーによる新曲「ネッコヤ-PICK ME-」のパフォーマンスが「M COUNTDOWN」でお披露目され、初代センターには宮脇咲良さんが選ばれました。

「ネッコヤ」という韓国語の連続がクセになる楽曲となっています。

ネッコヤの意味は?韓国語の歌詞「ネッコヤ-PICK ME-」が気になる!

プロデュース48(PRODUCE48)のクラス分け

PRODUCE101のシーズン1・シーズン2では最初練習生は、1人1人、歌唱力とダンスのテストをされて、A〜Fクラスに分類されていました。

「ネッコヤ-PICK ME-」でセンターを務めた宮脇咲良さん。初代センターに選ばれたということで宮脇咲良さんは、Aランクの評価を受けていると思われます。

歌やダンスが下手なメンバーは初お披露目となる団体ステージ前のランクで弾かれてセンターには選ばれないと思います。

どのポジションでどのクラスに入っているかで、プロデューサーによる最初の評価がある程度分かるようです。

その辺りの番組での説明が楽しみですね。各メンバーのクラス分けの詳細が気になりますね。

 

5月25日に公式から日本のメンバーのクラス分けの詳細が発表されました。

プロデュース48(PRODUCE48)最初の評価とクラス分けは?Aランクは?

プロデュース48の投票方法のやり方は?国民プロデューサーって何?

スポンサーリンク

プロデュース48(PRODUCE48)「ネッコヤ-PICK ME-」の宮脇咲良のリボンが違う

プロデュース48に参加する全メンバーによる団体ステージが行われ、「ネッコヤ-PICK ME-」の初パフォーマンスが披露されました。

96人のステージは華々しく、メンバーが乗る2つの三角形の舞台が動くことでステージの見せ方が変化し、面白いステージ演出をしていました。

参加メンバーはピンクのチェック柄の制服の衣装で、ピンクのリボンを着けていましたが、それぞれリボンのデザインが異なったものを身に着けていたようです。

そしてそのリボンの違いは、メンバーの力量に応じて決定されるクラスを示していると考えられます。

「PRODUCE101」でもレベルによるクラス分けがあったため、「プロデュース48」でもリボンによるクラス分けがファンの間では予想されていたようですが、宮脇咲良さんとカウンさんのセンター2人のリボンが違うものだったため驚きの声が挙がったようです。

宮脇咲良さんのリボンの中心にはダイヤモンドを模したようなキラキラした豪華なリボンとなっていました。

韓国側のセンターを勤めたカウンさんのリボンは何もついていないキラキラしたピンクのリボンを着けていました。

宮脇咲良さんの評価がズバ抜けて良かったということなのでしょうか?

スポンサーリンク

プロデュース48(PRODUCE48)ネッコヤセンターの宮脇咲良とカウン動画!

Mnetの公式動画サイトから続々と「PRODUCE48」に参加する練習生の動画がアップされています。

今まで自己PR動画やネッコヤに合わせて「ウインクをする動画が公開されてきましたが、新しく練習生2人1組ペアとなった「隠しボックスミッション」の動画が公開されました。

この「隠しボックスミッション」でネッコヤのセンターを務めた宮脇咲良さんとイ・カウンさんがペアに!

どちらが先に箱の中に何が入っているか、当てるのを競います。

この動画でカウンさんは宮脇咲良さんと自然に日本語で会話をしていて、日本語が堪能である姿を見せました。

動画の中でカウンさんが「なまこ」という日本語まで知っていることには驚きました。

カウンさんは和歌山に留学経験があるため、方言のある日本語を話すことができます。

カウンさんの好感度が上がる動画となっています。

 

プロデュース48のネッコヤでリボンが違う宮脇咲良とガウン!クラス分けは?まとめ

日本のAKB48グループメンバーと、韓国の事務所に所属している練習生によるサバイバルオーディションが、約4ヶ月間に渡って始まります。

これから日韓のアイドルと練習生全96人の歌・ダンスの実力が番組によって明らかになってくるので、実際の実力はどのくらいあって、どのくらいのレベルで競うことになるのか、関心が集まってきますね。

韓国の練習生のレベルは高いと言われていますが、日本のAKB48のメンバーの中にもダンスや歌が上手なメンバーもいますので、本番でどこまで実力を発揮することができるか注目です。

 

96人のメンバーから最終的に12人がデビューできるというサバイバルオーディションで、かなりの競争率になりますが、デビューが決まれば「I.O.I」や「Wanna One」のようにトップアイドルの仲間入りを果たすことができます。

デビューを目指す練習生の姿を見守りながらも、誰がチャンスを掴みデビューできるのか注目したいと思います。

スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

-PRODUCE48, アイドル

Copyright© bibibi-make! , 2018 All Rights Reserved.